電動工具

機械組立に必要なおすすめの電動工具

 

私が実際に使用している電動工具を紹介いたします。

 

ドリル

HiKOKI  変速ドリル

チャックの把持径は10mm(キリのサイズ)までです。

HiKOKI 電気ドリル

チャックの把持径は13mm(キリのサイズ)までです。

HiKOKI 電子コーナードリル

通常のドリルが入らない事は多々あります。そんな時はコーナードリルがおすすめ。チャックの把持径は10mm(キリのサイズ)までです。

タッパ

HiKOKI タッパー

タップ加工専用(正転/逆転)します。回転速度もダイヤルで調整できます。手作業でのタップ加工は数が多いと大変ですのでタッパーが有効。

 

アンカードリル

スタンダードサイズ。装置のアンカー固定ならこれで十分。

HiKOKI ロータリハンマドリル

アトラ

アトラマスター 電気ドリル搭載タイプ

マグネットの力でドリルを固定できる為、穴あけが容易で穴のズレや失敗のリスクも少なくなります。チャックの把持径は10mmまでです。

アトラエース

最大穴径φ35mm、板厚50mm対応で専用の切削工具が必要。キリは使用できない。


コードレスドリル

マキタ 充電式ドライバドリル 18V

昔のコードレスドリルに比べれ最近は飛躍的に性能が向上しました。穴あけからタップ加工まで幅広く使用できます。*ハイコーキの充電式ドリルはチャックが緩むのでお勧めしません。

パナソニック 充電ドリルドライバー14V

18Vに比べるとパワーは落ちます。穴あけにはあまり向いていないので、タップ加工するときに使用しています。

HiKOKI 18Vコードレスコーナードリル

コードレスインパクト

マキタ 充電式インパクト

テクスや木ねじを打つのに最適です。巻きダクト、スパイラルダクトなどにテクスを打つの使用しています。穴あけもできます。

パナソニック スティックインパクトドライバー 7.2V

コンパクトなインパクトドライバです。電気の端子の締付から小径の穴あけタップやトラスねじ(カバー関係)の締付にも使用できます。主に電気屋さんが使用しています。

ディスクグラインダ

HiKOKI 無段変速電子ディスクグラインダ

細身で軽く軽作業に向いています。スタンダードサイズです。

マキタ 18Vコードレスディスクグラインダ

スライドスイッチタイプです。コードレスはバッテリーがある分、少し大きくて重たくなりますがコードレスのメリットは大いに感じられます。

バンドソー

HiKOKI ロータリーバンドソー

これがあれば何でも加工できると思ってしまうほど便利です。

HiKOKI スタンド

バンドソーを固定して切断するか、可倒させて自動で切断するのか。これがあればバンドソーの作業の幅が広がります。

HiKOKI コードレスロータリバンドソー

コードが邪魔、準備が面倒な場合はコードレスが良い。ただし、スタンドとの併用はできません。

スポンサーリンク

セーバーソー

HiKOKI コードレスセーバソー 18V 6.0Ah

バンドソーと比べて、切断に自由度があります。工具の形の問題でバンドソーは懐が狭い欠点がありますがセーバーソーはそれがありません。ただし、真っすぐ切断するのには向いていません。

 

ジグソー

HiKOKI 電子ジグソー

薄い板、カバーなどの切り欠きに最適。火の粉を出せない状況にも使用できます。

まとめ

電動工具は同じようなスペックのモノが各メーカーから販売されております。メーカーはある程度揃えるとバッテリーが共通で使用できて良いです。私の場合はHiKOKIブランドが多いのです。

 

以上

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-電動工具

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.