ボルト/ねじ

ネジの種類/特徴

機能の種類

ねじの機能には種類があります。ねじと言われてすぐに思い浮かぶのは「連結用」かと思いますが、ねじはそれだけではありません。

①運動用

回転運動を直線運動へ変換する。

特徴

  • ネジが回転すると、ナットが進む。
  • ナットが回転するとネジが進む

 

②連結用

締付けて連結する。

特徴

  • 並目(なみめ)ねじ
  • 細目(ほそめ)ねじ・・・・並目に比べて緩みにくい。強度が高い。調整ねじとしても有効

ねじ山の種類

三角形

特徴

  • 三角ネジ
  • 連結用
  • ピッチを小さくできるので摩擦面積が大きい

丸形

特徴

  • 丸ねじ
  • ねじ山が破損する恐れのある薄板などに使用される

角形

特徴

  • 角ねじ
  • 小さなモーメントで大きな伝達が出来る
  • ねじの加工精度が悪い

台形

特徴

  • 台形ネジ
  • 軸方向の精度が良い
  • 角ねじよりも摩擦は大きい

ボールねじ

特徴

  • 摩擦抵抗が非常に少ない
  • 繰り返し精度が高い

ボルト/ねじの原理から締付けトルクの算出

以上です。

 

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-ボルト/ねじ
-, ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.