配管

シールテープと液状ガスケット(液体パッキン)で漏れ対策/ヘルメチックで配管作業

シール材

シール材とはなにか?

シール材とは漏れを防ぐ/止めるモノです。何かの漏れを防ぐ/止める為にはシールテープや液状ガスケットや液状パッキンと呼ばれるシール材が必要となります。

 

 

シールテープ

シールテープについてはこちらの記事をご覧ください。 ⇨ シールテープの巻き方とシールテープの幅/綺麗に巻く方法

 

液状ガスケット/液体パッキン

液状ガスケットや液状パッキンとは、その名前の通り「液状/液体」のシール材です。

 

例えば下記のような種類があります。

  • 配管用シール材・・・ヘルメシールが代表格で「乾燥して固まるタイプ」と「乾燥してゴム性質になるタイプ」がある
  • シリコンコーキング・・・多目的で固まっても弾性がある
  • 液体ガスケット(シリコン系)・・・用途に応じて様々な種類がある。固まっても弾性がある

 

このような種類がありますが、今回は配管のねじにシールテープと液状ガスケットを使用する場合の使い方を解説します。

 

補足 配管用シール材

配管専用のシール材と言えばヘルメチックの「配管用シール剤」が有名です。

こちらの記事で解説していますのでご覧ください。 ⇒ 「ステンレス配管におすすめの液体パッキン/ヘルメチックのF-119とF-109の違い

 

引用抜粋:株式会社ヘルメチック

 

配管のねじをシールする

配管のねじをシールする方法としてシールテープを巻くのが基本です。

 

その理由は2つあります。

  1. 液状ガスケットよりもシール性が良いので漏れるリスクが少ない
  2. 配管をねじ込んだ時にシールテープがねじ山の摩擦を低減してくれるので、ねじがかじりにくい

 

このようにシールテープは優れたシール材なのですが、シールテープにはやや問題があります。

  • 漏れる事がある・・・巻き方やねじ込み量などにムラがあった時。エアー以外は微量でも漏れてはいけません。
  • 配管のねじの出来で漏れる・・・配管のねじは「ねじ切り」と言う機械でねじを切りますが、そのねじの出来が「刃の切れ」や「セッティング」によって左右される

 

100%の気密を確保するためにはシール性が高い手段で施工する必要がありますのでシールテープはだけでは不十分な可能性があります。

もし漏れたとしたら、、、、やり直しの手間は計り知れません。

 

 

気密性が高いシール方法

シールテープだけでは不十分な場合には、より気密性が高いシール方法としてシールテープと液状ガスケットを併用する方法があります。基本のシールテープに液状ガスケットを塗布してねじ込む手法です。

「シールテープだけでは漏れるかもしれない」ので液状ガスケットを併用することで気密性の高いシールとします。

 

補足

液体ガスケットのみ(シールテープなし)でのねじ込みは漏れます。私の経験では漏れなかった事はありません。「液体ガスケットのみで漏れない」と言われる方もいますが気密試験すればわかる事ですが私は信用していません。

 

液体ガスケットの種類

液状ガスケットは配管専用のヘルメシールを使用するのが無難ですが、シリコンコーキングや液体ガスケットでも気密を確保する事は可能です(実際に作業して漏れない事は確認しています)コーキングや液体ガスケットの問題は配管専用ではないので「ねじに塗りにくい」「本当に気密が確保できるのかの疑問」「シール材の成分が配管内に通る気体や液体に悪影響をあたえるかも」などの懸念があります。

 

シールテープと液状ガスケットで配管をする

私のやり方のポイントは「ねじにシールテープを巻いておいてから液状ガスケットを塗布する」です。

*今回は水回りの配管に最適なヘルメチックF-109を使用します。

 

やり方

  1. 配管のねじにシールテープを巻いておく
  2. ねじの全周に液状ガスケットを塗布する
  3. ねじ込んで完了

 

実際の作業を下記に示しておきます。参考にしてください。

 

準備と塗布

塗布したらねじ込んで完了

 

塗布の順番

ねじに液状ガスケットを塗布してからシールテープを巻くとシールテープがねじに密着せずに、ねじ込んだ時に抜けてくることがあります。作業者によっては考え方ややり方が違うので「初めに液状ガスケットを塗布する」人もいますが、私は「初めにシールテープ」です。

 

塗布の順番

 

補足 配管用シール材を薄める方法

ヘルメチックの配管用シール材「F-109」は乾燥して固まってしまうので、長期間保管すると容器の中で「ドロドロ」や「反固形」や「完全硬化」します。そんな時は「メタノール」で薄めたり溶かすことが出来ます。私の場合には「ドロドロ」の時には「メタノール」で薄めて使用し硬化したものは廃棄しています。

 

まとめ

ねじ込み配管はシールテープが基本ですから、液状ガスケットを塗布する方法やり方を知らない人も多いと思います。「気密性を確保したい」「どうしても漏れてしまう」場合にはシールテープと液状ガスケットを併用して施工してみてください。

 

*ヘルメシールのF-109は鋼管用で水道、給水、給湯などの水配管専用です。

 

*ヘルメシールF-119はステンレス用で、薬液にも強いシール材です。

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-配管
-, , , ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.