軸受 止め輪 位置決め

C形止め輪(スナップリング)の干渉/丸形OV型GV型の止め輪で対策する

止め輪とは

止め輪とは軸や穴の溝に拡大したりし縮小してはめ込むリングのことです。

「ズレ止め」「抜け止め」や「容易に位置変更する」目的で止め輪を使用したりと用途は様々です。

 

今回は数多くある止め輪の中でもC形止め輪(C形偏心止め輪)と丸形止め輪/OV型リング/GV型リングに絞って考えたいと思います。

 

C形止め輪

C形止め輪はJISで明記されており各社名称は統一されています。

C形止め輪

 

丸形止め輪/OV型リング/GV型リング

この形状の止め輪はJISで明記されていないようなのでメーカーによって名称が異なるようです。

  • 丸R形止め輪・・・穴用 「オチアイ」の商品名
  • 丸S形止め輪・・・軸用 「オチアイ」の商品名
  • OV型リング・・・穴用 「岩田電工株式会社」の商品名
  • GV型リング・・・軸用 「岩田電工株式会社」の商品名

 

丸形止め輪/OV型リング/GV型リング

 

C型止め輪と丸形止め輪/OV型リング/GV型リングの違い

C型止め輪と丸形止め輪/OV型リング/GV型リングの違いをまとめてみます。

 

C形止め輪 丸形止め輪/OV型リング/GV型リング
すき間 偏心しているので広い所と狭い所がある C形よりも隙間が広い
スラスト荷重 良好 C形の2/3の負荷能力
取付工具 スナップリングプライヤー スナップリングプライヤー
入手/流通 一般的 C形ほど一般的でなく入手に時間を要す場合あり

このような違いがありますが、特にスラスト荷重には注意が必要です。

 

C形止め輪でよくある干渉

止め輪と言えばスタンダードなタイプがC形止め輪ですが、C形止め輪を使用した構造で組立をしていると「止め輪」と「他部品」が干渉する事があります。

C形止め輪は偏心しており回転すると広い所と狭い所が変化しますので干渉を見落としがちです。

 

偏心の参考

穴用C形止め輪とシャフトまでのすき間

 

例えばC形止め輪の干渉には下記のような事例があります

干渉例

  • C形止め輪と止め輪
  • C形止め輪と金属ワッシャー
  • C形止め輪とオイルシール(ダストシール)
  • C形止め輪とシャフト

 

止め輪と止め輪の干渉

穴用C形止め輪と軸用C形止め輪が干渉している。シャフトが回転すると止め輪も回転してしまう。


 

止め輪の種類で干渉対策

干渉は設計段階で検討すべきですが現場起きてしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか?

先に干渉例を紹介しましたが、それについて対策を考えてみます。

 

対策例

  • C形止め輪と止め輪・・・止め輪の種類(形状)を変更する
  • C形止め輪と金属ワッシャー・・・止め輪の種類変更(形状) OR 金属ワッシャーの大きさを変更
  • C形止め輪とオイルシール(ダストシール)・・・止め輪の種類変更(形状)
  • C形止め輪とシャフト・・・止め輪の種類変更(形状) OR シャフトに追加工(逃がし溝)

 

対策方法は干渉状況により様々ですがC形止め輪を使用している場合は止め輪を「丸形止め輪/OV型リング/GV型リング」へ変更する事で干渉を回避できる可能性があります。

 

対策実践 ≪例≫

「穴用C形止め輪」と「軸用C形止め輪」が干渉していた問題を「穴用C形止め輪」と「丸S形止め輪」に変更してみました。

 

干渉の対策

すき間は0.5mm程あります。干渉はありません。ただし「丸S形止め輪」は押さえきれない部分が出来てしまうのでしっかり感がなくスラスト荷重に弱いのもうなずけます。

180度回転させて干渉が無いか確認しました

 

まとめ

今回は止め輪の中でもスタンダードな「C形止め輪」の問題点を「丸形止め輪/OV型リング/GV型リング」へ変更する事で対策するお話しでした。基本的にはスラスト荷重に強いC形止め輪を使用したいところですが、形状の違う止め輪で干渉を回避する方法など状況に応じて検討しましょう。

 

*止め輪の購入はこちらから

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-軸受, 止め輪, 位置決め
-, ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.