【S2000/メンテ/セッティング】

グリルメッシュの固定にはスピンドル鋲が強い/バンパーの開口部に固定する方法

2021年6月30日

 

今回は「グリルメッシュの固定にはスピンドル鋲が強い」についての記事です。

グリルメッシュとは、車のバンパーのグリルや開口部に取り付ける金属の網で、ドレスアップや保護の目的で取付けられる部品です。

今回の記事では、グリルメッシュの固定方法として私のやり方を紹介しようと思います。

 

グリルメッシュの固定にはスピンドル鋲が強い

車好きにはあるあるですが、車のバンパーやエアロの開口部をグリルメッシュでドレスアップしたり、保護したりしたいことがあります。

 

グリルメッシュ

 

そんな時、きまって悩むのが、、、、グリルメッシュの固定方法ではないでしょうか?

そこで私がおすすめするグリルメッシュの固定方法があります。

 

おすすめの固定方法はコレ

  • スピンドル鋲を使用する

 

スピンドル鋲とは、保温材や断熱材を固定するための鋲で、一般向けではなく業者が使用する材料です。

出典:株式会社タイルメント スピンドル鋲

 

おすすめの理由はコレです。

  • 鋲は柔軟なので何度も折り曲げができるし、強度もあるので簡単に折れない
  • 6年前から使用しているが、脱落したり剥がれてしまうことは起きていない

 

スピンドル鋲のおすすめの長さは30mmと38mmですが、長すぎてもニッパーで切断できるので自由自在です。また固定方法ですが、接着剤(固定が強い) OR 粘着テープ(お手軽) の2通りの固定方法があり、使用環境によって選ぶことができます。

それでは実際に、スピンドル鋲を使用したグリルメッシュの固定を紹介していきます。

 

スピンドル鋲をバンパーの開口部に固定する方法

スピンドル鋲をバンパーの開口部に固定する作業手順は下記の4工程になります

  1. スピンドル鋲の長さを決める
  2. 接着剤を塗布する
  3. 乾燥させて固定する
  4. グリルメッシュを取付けて、スピンドル鋲で固定する

 

スピンドル鋲の長さを決める

スピンドル鋲には長さの種類がありますが、長い場合にはニッパーで切断しておきます。

長めにしておいて、グリルメッシュを取付けるときに切断することもできます

 

スピンドル鋲の長さ

 

接着剤を塗布する

スピンドル鋲の固定は両面テープでも可能ですが、より強力な固定の接着剤がおすすめです。

接着剤は今回セメダインの多用途の弾性があるタイプを使用しました。

 

セメダインで接着

接着剤はセメダインを使用しました。

バンパーと接着します

 

乾燥させて固定する

今回は1日放置して乾燥させました。

スピンドル鋲の本数や取付け具合は下記の画像で確認してください

 

バンパーに接着して固定

 

グリルメッシュを取付けて、スピンドル鋲で固定する

スピンドル鋲がしっかり固定出来たら、グリルメッシュを取付けます。

グリスメッシュは開口部の角で曲げてスピンドル鋲で固定するので、開口部よりも大き目にニッパーなどでカットしておきます。

 

グリルメッシュの取付け

グリルメッシュを取り付けます

 

グリルメッシュの網目にスピンドル鋲を刺して、曲げて固定すれば作業完了です。

 

スピンドル鋲で固定する

スピンドル鋲を曲げてメッシュを固定します

前から見るとこんな感じです。

 

グリルメッシュ固定のポイントまとめ

それでは、グリルメッシュの固定について重要なポイントをまとめておきます。

 

ポイント

  • バンパーにグリルメッシュを取付けるには、スピンドル鋲がおすすめ
  • スピンドル鋲とは、保温材や断熱材を固定するための鋲で、柔軟性があり強度もある
  • スピンドル鋲の固定は接着剤がおすすめ
  • グリルメッシュはスピンドル鋲を曲げて固定する。再使用も可能。

 

以上4つのポイントが大切です。参考にしてください。

 

*スピンドル鋲の購入はこちらから

 

*今回使用した接着剤のセメダインスーパーXGの購入はこちらから

 

関連記事:【S2000/メンテ/セッティング】

以上です。

              ⇩ この記事が良かったらシェアお願いします ⇩          

-【S2000/メンテ/セッティング】
-,

© 2021 機械組立の部屋 kikaikumitate.com