【S2000/メンテ/セッティング】

S2000のシフトインジケータの配線方法/SHIFTP2の設定

2020年9月28日

 

今回は「S2000のシフトインジケータの配線方法/SHIFTP2の設定」の記事です。

レブリミットの都合でシフトインジケータが必要になったので取付けることになりました。

この記事では、私の取付け方法とシフトインジケータがどういったものか?を紹介しようと思います。

 

S2000にシフトインジケータを取り付ける

シフトインジケータとは

シフトインジケータとはエンジン回転数が設定した回転数の到達すると、ランプの点灯/点滅で表示してくれる機器です。

目視でタコメーター(回転計)をみて判断するよりも、ランプの表示の方が直感的に判断できるので、「一瞬で判断する」ような状況では有効です。

 

シフトインジケータのライトにはメーカーによって種類が豊富です。

  • 一灯タイプ・・・点灯/点滅や光量を変えられる
  • シグナルタイプ・・・ランプが順番に点灯/点滅する

ライトにはこのようなタイプがあり、回転数の設定方法も機種によって違いますので、購入するときにはよく確認する必要があります。

 

*一灯タイプのシフトインジケータ

引用抜粋:PIVOT ピボット REV COUNTER

 

*シグナルタイプのシフトインジケータ

引用抜粋:Ecliptech Innovations Pty Ltd社製 SHIFT-P2

 

シフトインジケータが必要な理由

今回シフトインジケータを取付けようと思った理由ですが、、

  • レブリミットが9000rpm設定になっているが、実際は8300rpmでシフトアップしたい
  • かっこいい

 

と言うことなのですが、レブリミットについてはこちらの記事でも解説しているのでご覧ください。 ⇒ 「第2章スロットル径とエキゾーストマニホールド/S2000のパワーアップとレブリミットを考える」

 

SHIFTP2を選択する

私が購入したものは「SHIFTP2」というオーストラリア製のシグナルタイプのシフトインジケータです。

 

購入の決め手は下記の通りです。

  • シフトインジケーター本体で点灯/点滅の回転数を設定できる
  • 一灯よりシグナルの方がシフトアップに余裕がある(順番に点灯するので心構えができる)
  • 回転信号はOBDⅡではなくECUから配線するタイプ(OBDⅡは通信のタイムラグが心配だった)

 

このような条件で調べたところSHIFTP2に行き当たったので購入しました。

 

SHIFTP2

パッケージは簡素でした

本体

 

SHIFTP2の取付けと配線方法

取扱説明書

取付け/配線は取扱説明書に従って進めます。

取付けは車両やドライバーの都合で、設置しやすく見やすいところで良いと思いますが、配線には注意が必要です。

 

配線は3本です

  • 回転信号
  • IG電源(イグニッションONで12V供給)
  • アース

 

*取扱説明書を載せておきますので参考にしてください。

SHIFTP2

*クリック拡大

取扱説明書 表

*クリック拡大

取扱説明書 裏

 

配線作業

今回の配線作業で一番肝心なことは「回転信号」です。私の場合は純正ECUにトラストのイーマネージアルティメイトの構成ですので、回転信号の分岐は純正ECUから直接分岐せずにサブコンピューターから車体側に繋がっているコネクタ(もともと純正ECUに接続されていたコネクタ)から信号線の分岐をおこないました。

 

*回転信号の車種別配線図は取扱説明書に記載がないので別途調べる必要がありました。

*念のため複数のメーカーのS2000ECU配線図を調べてみましたが、一致していたので下記の配線位置に割込ませれば良いと言うことです。

*コンピューターは助手席の左側足元のカバーの中にあります。

*回転信号以外のIG電源(イグニッションONで12V供給)とアースはオーディオから分岐しました。

 

引用抜粋:PIVOT S2000 ECU回転信号

引用抜粋:アペックス S2000 ECU回転信号

 

上記のECU配線図に従って実際に回転信号の分岐をおこないました。

 

SHIFTP2

*クリック拡大

回転信号の分岐

 

本体の取付け

本体はメーターの前のコラムカバーにステンレス0.5mmの板を曲げて両面テープで取付けました。

 

SHIFTP2

*クリック拡大

本体の取付け

 

SHIFTP2の設定

シグナルパターン

配線と本体の取付ができたら、取扱説明書に従って初期設定をおこないます。初期設定を行わないと、本体と車両との回転数が一致しないので必ず設定が必要です。

設定ができたら、シグナルのパターンの設定が可能です。

シグナルのパターンは多彩で、自分の好みに合ったタイプを設定すると良いでしょう。

 

SHIFTP2のシグナルパターン

 

インジケーターの動作

それでは実際の動作を動画でご覧ください。

シグナルが「点灯し始める回転数」と「レブリミットのお知らせの回転数」は任意で設定できます。

私の場合は7000rpmから点灯し始めて8300rpmで点滅です。

 

SHIFTP2の動作

 

いかがでしょうか?かなりテンションがあがる仕上がりです。

 

S2000のシフトインジケータのポイントまとめ

それでは、S2000のシフトインジケータについて重要なポイントをまとめておきます。

 

ポイント

  • シフトインジケータとはエンジン回転数が設定した回転数の到達すると、ランプの点灯/点滅で表示してくれる機器
  • おすすめのシフトインジケータは【SHIFTP2】
  • 配線には【回転信号】【IG電源】【アース】が3本が必要

 

以上3つのポイントです。

【SHIFTP2】はかなりおすすめの商品だとおもいますので、参考にしてください。

 

*SHIFTP2の購入はこちらから

 

関連記事:【S2000/メンテ/セッティング】

以上です。

              ⇩ この記事が良かったらシェアお願いします ⇩          

-【S2000/メンテ/セッティング】
-

© 2021 機械組立の部屋 kikaikumitate.com