【仕事と思考】

怠慢と責任

2019年8月1日

問題の序章

先日、こんなことがありました。

同僚(組立部署)と設計者が新規装置を客先へ据付/立上げを行いました。

その時の問題点が

  • 製品の在荷検知が不安定で、検知できない時がある=チョコ停発生

なぜか?

  • 製品の形状にムラがある為

結果は?

  • 形状が悪いモノは流動しないので、このままで良い(設計者と客先の判断)

となりました。

疑問と懸念

私は、この話を聞いて”必ず解決しなければイケない”と思いました。

  • 装置のチョコ停が多ければ、自動化した意味がない
  • 製品の形状のムラの頻度が多い
  • 私の直感

です。

ひとまず、客先が「現状で良いとの事でしたので、もしもの為に改善案の検討を同僚と相談しました。

  • センサの角度を正面から斜めにする
  • センサの取付位置を変更する
  • センサを追加し、検出タイミングと方法を変更する

など、改善案を準備しました。

客先のSOS

2週間後・・・・・客先から、「今すぐに何とかして欲しい」と設計に連絡がありました。

「製品の在荷検知が反応しないから、チョコ停ばかりで運転できない!!

私が予測した結果となってしまった。

準備しておいた、改善案を元に設計を行い部品製作。客先から連絡後2日後に改善工事をしました。

結果は?

製品の検出は100%になった

反省点は?

 

  • 問題点を「客先がOKだから良い」と設計(客先の窓口)が放置
  • 改善案をその場で提案できたのに、提案しない。
  • 客先からSOSの連絡が来た時に、設計者が1日放置(組立部署に連絡なし

怠慢な態度、無責任な行動。こうした、仕事への取り組みは、客先だけでなく同僚や仲間も不幸になります。”受注した以上はしっかりやる”という前向きな姿勢で取組んでもらいたい。

 

関連記事:【仕事と思考】

以上です

              ⇩ この記事が良かったらシェアお願いします ⇩          

-【仕事と思考】
-

© 2021 機械組立の部屋 kikaikumitate.com