組立ての技術 仕事の思考

立ち作業と座り作業/作業効率と作業台の高さ

立ち作業と座り作業の疑問

「座って作業をすると作業効率が落ちる、立ち作業の方が効率が良い」

こんなことを聞いたことがあります。

 

さらに近年では

「座り作業は健康に悪影響で、死亡のリスクが高まる」

とまで言われています。

 

そして組立工の私の持論はこうです。

「座りっぱなしでも立ちっぱなしでも、体の負担になるのでどこかに疲れがでて集中できずに結局作業効率は落ちる。適度に体を動かしながら作業をする方が良い」

 

*今回は「立ち作業」と「座り作業」について私の事例を踏まえて話を進めます。

 

私の職場は5年前までは「立ち作業」と「座り作業」の両方で組立作業をおこなっていました。割合で言いますと「立ち作業:4」「座り作業:6」です。

 

一見しますと座った状態で組立作業をすると、作業者の負担が少なく作業の進捗は良いように思えます。

私も「座る=楽」というイメージがあり、体の負担が少なく作業に集中できるモノだと思っていました。しかし、長年組立を作業をおこなっていると自然と疑問に感じるようになったのです。

 

それは「座り作業」をしている作業者は組立ペースが遅く、なんだかダラダラと仕事をしているように見受けられるのです。

こんなことに気が付いたのが数年前でした。

 

私は座り作業も立ち作業も両方経験しているのでわかるのですが、座り作業は30分を過ぎたあたりから体に違和感で起きて落ち着かなくなり、集中力が散漫になります。また私の場合は、作業中に立ち上がることも多いので、立ったり座ったりするのが面倒と感じます。

立ち作業の場合は、じっとその場に固定で立ち続けていれば10分で我慢できなくなりますが、実際は歩幅の範囲で動きながら作業をしているので意外と疲れなかったりします。

そんな経験から「適度に体を動かしながら作業をする方が良い」と言う考えに至っています。

 

作業環境と作業スタイル

組立作業と言っても、多種多様な形態があります。座り作業と立ち作業のどちらが良いかは環境によるかもしれません。

 

 

私がおこなっている機械装置の組立て作業を整理してみるとこのような条件でした。

  • ライン作業ではない
  • 部品やボルトを棚から持運ぶことが多い
  • 一点物の組立てなので、作業中に「あれがない」「これがない」と作業場から離れることがある
  • 拡大鏡を使用するような細かい組立作業はない
  • 部品の大きさは手のひらサイズから大きいモノは2000mm以上ある
  • ASSYで組立が終わったらベースフレームに設置するが、これは座り作業ではできない

 

こんなことを考えていると思ったのです。「座り作業は必要あるのか?」ってことです。

作業場(持ち場)から離れる頻度が多く、部品も比較的大きめ、、、そうなるとフットワーク良く作業ができる方法が効率が良いように思えます。

 

最適な作業スタイル

さてここまでで、立ち作業と座り作業ついて考えてみましたが、キーワードを整理してみますと

  • 座って作業をすると作業効率が落ちる、立ち作業の方が効率が良い
  • 適度に体を動かしながら作業をする方が良い
  • 作業場(持ち場)から離れる頻度が多く、部品も比較的大きめ

このキーワードから考える作業スタイルは、、、「立ち作業が適しているのでは?」と言うことです。

 

中腰が一番疲れる

 

私の独断の判断ではなかなか決定しずらいので、組立作業をしている作業者数名にも「立ち作業」と「座り作業」について、作業効率が良くて自分に合っているのはどちらなのか?聞いてみました。

 

すると、全員の答えは一致していたのです。

「基本は立ち作業が良い」

 

皆さん、長年組立作業をやられてきて、現状の組立作業には立ち作業が良いと判断されたのです。

 

そこで、冒頭でも言いましたが、今までは立ち作業と座り作業の割合は「立ち作業:4」「座り作業:6」であったので、これを「立ち作業:8」「座り作業:2」の割合にまで変えることを決めたのです。

 

立ち作業の作業台

立ち作業には勿論、立ち作業用の作業台が必要ですが、実は私には立ち作業用の作業台に不満を持っていました。それは「座り作業のテーブルの高さにはあまり不満は無いけど、立ち作業用の背の高いテーブルは高さが合わなくてイマイチ作業がやり辛い」と言うことです。

 

具体的には「現状使っているテーブルの高さが低い」のです。

 

作業台は高すぎても低すぎても体の負担になって作業効率が悪いと思うのですが、ではどのくらいの高さが良いのでしょうか?

実際に色々な高さで実験してみたのですが、一つの判断として「腰の高さ」が目安になりそうでした。

*自分の腰の高さは約900mmでした。

 

ここまでの情報を元に、「サカエ」で作業台のラインナップでテーブルの高さを調べてみました。

  • 座り作業の基本は740mm
  • 立ち作業の基本は900mm
  • 座りと立ちの共用は800mm

私の判断ですがまとめますとこのような感じでした。やはり、「腰の高さ=テーブルの高さ」で判断して間違いなさそうです。

 

引き続きサカエのカタログで、立ち作業用の作業台を調べていたのですが、、、、あることに気が付きました。

「800kg程度の中量級作業台にキャスター付きがない」「立ち作業用の高さ900mmがない(2020年現在は900mmあります)」と言うことです。比較的大きめの部品を組立てるので、ある程度の耐荷重が必要なのですが、どうやら重荷重に耐えられるキャスターがないようなのです。

 

中量級の作業台

 

私の理想とするのは、作業に応じてレイアウトがスピーディーに変えられるキャスター付き作業台なのでこれでは困ります。

 

そこで、キャスターはハンマーキャスターのウレタンタイヤで選定して、サカエの作業台にブラケットを溶接して取付けて自分たち専用の作業台を作る事にしました。

 

私が製作した作業台スペックはこちら

  • 大きさ・・・1800×900
  • テーブルの耐荷重・・・800kg
  • キャスター4輪の耐荷重・・・600kg
  • 高さ・・・920mm
  • テーブルマット・・・部品に傷かつかないように静電マット1800×900

*良い具合のキャスターが無かったので、耐荷重は600kgまでとしました。

*高さは立ち作業の標準が900ですが、自分たちの使い勝手は920mmが良いとの判断でブラケットの溶接とキャスターの外径で高さを920に設定

 

立ち作業の割合を増やした結果

立ち作業用の作業台を数台導入して、作業割合を「立ち作業:8」「座り作業:2」に変えてみました。

 

 

その結果、作業者からこんな声がありました。

  • 体に違和感がない
  • 腰が痛くなくなった
  • 集中できる
  • 意外と疲れない

そもそも立ち作業と言っても、私の環境では作業中に歩幅程度は動きますし、部品やボルトを取りに移動する事もままあります。直立不動で立ち続けるわけではないので、座り作業よりも立ち作業の方が体の負担が少なくなり、集中して作業ができるようになったようです。

 

私自身も、立ち作業メインに切り替えて、以前よりもフットワーク良くスピーディーに作業が進んでいると感じています。

*ライン作業のように同じ作業の繰り返いではないので、効率が良くなったか?の厳密な検証はできません。

 

まとめ

立ち作業の割合を増やしましたが、中には細かな作業で座り作業でなければ捗らないこともあるので、100%立ち作業とするのは難しそうです。

立ち作業と座り作業は、やはり自分の作業環境に応じて見出す必要がありますが、「基本は立ち作業」とした方が健康面や作業効率で考える方が無難そうです。

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-組立ての技術, 仕事の思考
-, ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.