S2000 メンテ&セッティング情報

電動カンナでタイヤを削る方法/劣化した表面とタイヤカス除去

タイヤカス

サーキットを走行するとタイヤが溶けてゴムがすり減り「カス」が発生します。このカスは厄介な事にタイヤに付着してしまいます。

カスは自分のタイヤのカスだけでなくサーキットの路面に落ちているカスもあり、発熱して柔らかくなっているタイヤに付着し冷えると固まって固着してしまいます。

 

走行後のタイヤ

 

タイヤカスの問題

タイヤカスが付着したままサーキット走行すると問題が起きます。

  • ハンドリングが悪くなる
  • グリップ低下

 

タイヤが発熱してくればタイヤカスも徐々に剥がれていくと思いますが、タイムアタックやレースでは1発目から最高の状態でなければ勝負になりません。

ですから周回してタイヤカスが剥がれるのを待つのではなく、走行する前にタイヤカスを剥がしておく必要があります。

 

*補足

タイヤの表面はタイヤカスの問題だけでなく、劣化や硬化の問題もあります。「タイヤの皮むきをする」なんて言葉があるように、新品でも中古でも表面を一皮削ると柔らかいゴム層が現れます。ですから、タイヤカスを剥がす=表面を皮むきすると考えると良いと思います。

 

タイヤカスを除去する方法

タイヤカスを除去する方法はいくつかあります。

  • 目の粗いヤスリで削る・・・体力と時間が物凄く必要
  • 電動スクレーパ(カットソーで剥がす)・・・価格¥6000~ カスを剥がす事は出来るが削る事は出来ない
  • 電動カンナで削り取る・・・価格¥8000~ 刃で削り取る能力がある。劣化したタイヤの表面も削れる

 

私の場合はタイムアタックをしている方のススメもあり、電動カンナを購入して実施する事としました。

 

電動カンナの使用方法

私が購入したのは一番安いモデルのリョービの電動カンナです。

 

リョービの電動カンナ

 

初期設定

初期設定としてカンナの刃物とタイヤとの距離を設定しておく必要があります。

これは非常に重要なことで、私は調整不足によってタイヤを部分的に削りすぎてしまい失敗しました。ですから初めての方は失敗しないように調整方法を理解しておきましょう。

 

電動カンナの調整

ダイヤルを回転させて刃物とタイヤとの距離を設定します。

タイヤと刃物の距離が変わります。

このようにダイヤルを回転させると刃物とタイヤとの距離が変わりますので、実際にタイヤに当ててみて刃物とのすき間を目視確認しながら調整します。

 

刃物とタイヤの距離

このような違いがあります。

 

削る

初期設定でおおよその距離感に合わせておきます。心配な方は刃物とタイヤの距離は十分にとってください

 

距離が離れすぎているとタイヤは削れませんが、近すぎて削りすぎてしまうよりは良いでしょう。ですから初めは刃物からの距離を離して作業をやりながら徐々に近づけて良い具合に削れるポイントを探ると良いです。

私が参考にした動画はこちらです。この方は電動カンナを改造しているのかタイヤのRに電動カンナが合うようになっています。

 

 

私は改造せずにやってみました。

*電動カンナの改造方法はこちらです「電動カンナを改造してタイヤを削り易くする」

 

作業風景

このような感じで作業をしました。

作業前

作業後

いかかでしょうか?初めてなのでこんなもんでしょうか。まあまあ綺麗になっていると思います。作業時間は1本10分~15分です。

 

まとめ

今回の作業は初めての作業でしたかが満足しています。楽にタイヤカスが除去できますので電動カンナ8000円の価値はあると思います。次回はタイヤのRに合うように電動カンナの接触面を改造してみたいと思います。

電動カンナを改造してタイヤを削りやすくする方法

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-S2000 メンテ&セッティング情報
-, ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.