組立ての技術 玉掛け/吊り具

吊り具のスリング選定ポイントと長さ調整方法/使い方応用

スリングと玉掛け

荷を吊る時に必要となるモノがスリングです。スリングには「チェーン」「ワイヤー」「ベルト」などがあります。

この中で「ベルト」タイプのスリングは取扱いが容易で超重量級の荷には不向きですが、一般的に普及率の高い吊り具です。

今回は「ベルト」タイプのスリングを上手く活用して玉掛けを容易にする方法を紹介したいと思います。

 

ベルトスリングの選定

ベルトスリングは数多くの種類があり荷重だけの判断で選定するのは迷ってしまいます。

私の場合は「柔らかさ/しなやかさ」を重要視して選定します。これは実際に取り扱うと理解できますが、硬いベルトスリングは非常に扱いにくいのです。

 

硬いベルトの欠点

  • 吊り荷の形状に合わない・・・特に角などは密着せずに浮いてしまうので荷の安定に欠ける
  • 「縛る/結ぶ」が出来ない・・・スリングは状況に応じて縛ったり結んだりして使用する事があるが、硬いとそれが出来ない
  • 収納しにくい・・・硬いので折りたたむことが出来ない

このように良いことは無いと思っていますので、私は「柔らかく/しなやかな」スリングをおすすめします。

 

おすすめスリング

私が使用しているのはベルトスリングの商品名は「タフスリング」です。柔らかくてしなやかですので使い易いです。長年使用していますが問題は全くありません。こちらのメーカーさんはスリングの点検表も公開していますので活用できます。【スリング点検シート】

 

引用抜粋:田村総業株式会社

もしどのようなスリングを選定すれば良いか分からない場合には、重量屋さんに相談してみると的確なアドバイスを得られると思います。

 

ベルトスリングを使った吊り方【長さ調整】

ここでは通常の玉掛けの手法を紹介するのではなく、玉掛けを上手におこなうためにベルトスリングの長さを自在に調整できる方法を解説します。

 

まず初めにベルトスリングの向きを確認しておきます。

ベルトスリングの端は構造上「硬い方」と「柔らかい方」があります。これはベルトの折り返しの縫込み部分が「硬い方」となります。この硬い部分は屈曲に馴染まないので使い方を考える必要があります。

 

硬いと柔らかい

 

折り返しで長さ調整

この方法は非常に有効です。例えば6mのスリングを5.5mとして使用する事も出来るし「荷のバランス」が悪い場合の傾き調整としてスリングの長さを変える事も出来ます。つまりこの方法のメリットは「瞬時に長さを変更できる事」にあります。

 

やり方

柔らかい方のスリングをフックにスリングを通します。この部分は最後に折り返すので柔らかい方でないと綺麗に屈曲しません。

もう一方のスリングのアイをフックに通したスリングに通す

フックに通したスリングを折り返してアイをフックに掛けます。これで完成です。後は長さ調整は自在です。

 

縛りで長さ調整

この方法は「折り返しで長さ調整」が出来ない場合や適切な長さのベルトスリングが無い場合に有効です。

 

注意ポイント

この方法は縛り方に不備があると「ベルトスリングの縛った部分」が滑り「ほどける」危険性があります。トラックの荷締めと同じで適切な方法を行わないとリスクを伴いますので十分に注意して行ってください。私は500kg以下で使用しており滑り落ちたことはありませんが、しっかりと「地切り」をした時にベルトスリング引張ってみて確認をしています。

 

硬いと柔らかい

柔らかい方のスリングをフックにスリングを通します。この部分は最後に折り返すので柔らかい方でないと綺麗に屈曲しません。

スリングにネジレが無いように、綺麗に「輪」を作る

「輪」にスリングを折りながら挿入します。スリングのネジレには注意してください。

スリングを絞って結びを作ります。もしスリングにネジレがあると、綺麗に結びができずに「結び目の滑り」が起きますので注意しましょう。


 

まとめ

いかがでしょうか。ベルトスリングの長さ調整は知らない方も多いと思いますが、今回紹介した方法は重量屋さんも良くやっている方法です。スピーディーに安全に作業する為にはこうした方法も知っておくと良いと思います。

 

*ベルトスリングの購入はこちらから

 

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-組立ての技術, 玉掛け/吊り具
-, , ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.