センサ 電気配線/制御盤製作

センサーチェッカーを自作する/オートスイッチやセンサの動作確認

チェッカーとは

チェッカーとはセンサに電源を供給するユニットです。主にセンサの動作確認に使用します。

私の場合はオートスイッチの位置合わせの時に使用する事が多いです。チェッカーは各社からラインナップされており、おおよそ¥5000~となっています。

引用抜粋:パナソニック 電源くん

接続可能なセンサ

NPNトランジスタ出力、PNPトランジスタ出力、直流2線式出力、リレー出力のビームセンサおよび近接センサなど

 

引用抜粋:オムロン ハンディチェッカ

 

自作する

私の場合はオートスイッチの確認がメインで大した機能は必要ないので自作する事にしました。

ポイント

センサには光電センサ/ファイバーセンサ/オートスイッチ/近接センサなどがありますが、それらを動作させる為の供給電圧は各メーカー共におおよそDC12~24Vとなっています。

上記の条件を考慮して「9Vの角形乾電池」を2個使用して直列繋ぎとし18V の電源ユニットとしました。

材料

材料はモノタロウで揃えてみました。

品名 型式 数量 価格(税込み)
防塵防水プルボックス BCAS060905G 579
ターミナル小(赤黒セット) HK-TA01H 299
端子用バナナプラグ(赤) TJ-3A-B 169
端子用バナナプラグ(黒) TJ-3A-R 169
クリップ(赤) ACT-101(s) 1(5個入り) 189
クリップ(黒) ACT-101(s) 1(5個入り) 189
MP型電池スナップ MP-TSN 1(10個入り) 389
計¥1983

材料


製作方法

今回私が製作した方法をご紹介します。

BOXの穴あけ

BOXにターミナルの取付穴をあけます。今回のターミナルは8mmのキリで2カ所穴あけしました。

BOXにターミナルの穴あけ

 

スナップ製作

購入したMP型電池スナップに下記の作業をおこないます。

  • 2個のスナップを直列繋ぎ(はんだ付け)
  • スナップにターミナルをはんだ付け

はんだ付けの部分は伸縮チューブで保護します。

2個のスナップを直列繋ぎ(はんだ付け)

スナップにターミナルをはんだ付け

スナップ完成

バナナプラグとクリップ

BOXからセンサーまでは光電センサの不要になった配線で延長します(青色と茶色の線が欲しかったので)配線の両端にバナナプラグとクリップをはんだ付けします。

*センサーの色と合わせると接続間違いがないです。赤色(電池プラス)と茶色(センサ側)、黒色(電池マイナス)と青色(センサ側)

バナナプラグにはんだ付け

プラグにはんだを流し込みながら配線を挿入しました。

クリップにはんだ付け

クリップに配線をカシメてハンダ付けしました。

組立と完成

ここまでくれば後は組立てて完成です。

スナップ完成

BOXが大きく、空間が広かったのでスポンジを入れて中身が遊ばないようにしました。

チェッカー完成

 

まとめ

今回はチェッカーの自作についてでした。遊び半分でもいいので自分で作る価値はあるのかな?と思います。原価は少しかかりすぎのような気もしますが、100均などで良い材料があればもっと安価に作る事が出来ると思います。

チェッカープレゼント企画

この記事で紹介した自作のチェッカーが欲しい方がいましたらプレゼントします。数台同時に製作しましたので2名限定で抽選で差し上げます。欲しい方はお問い合わせから連絡をしてください。

発送は着払いとなりますので送料の負担はお願いします

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-センサ, 電気配線/制御盤製作
-,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.