歯車/ギア ベアリング 工具

プーラーとは/ギヤやベアリングが抜けない時の工夫

プーラーとは

プーラーとは軸やシャフトから部品を引き抜く工具です。

 

「引き抜く部品」と言えば下記の部品が挙げられます。

  • ギヤ
  • ベアリング
  • プーリー
  • はめ合い部品

このような部品を引き抜く事から「ギヤープーラー」や「ベアリングプーラー」と呼ばれています。

 

引用抜粋:スーパーツール ギヤープーラーG型

 

一般的にプーラーと言えばねじ式ですが、より強力な力で引き抜くことが出来る油圧式プーラーもあります。

引用抜粋:スーパーツール 2本爪油圧プーラセット

 

プーラーの形状

プーラーの形状には用途に応じて様々な種類があります。(私はスーパーツールのギヤープーラーを使用しています。*スーパーツールのカタログはこちら

プーラーを使用してみる分かりますが、引き抜く部品の形状や大きさによってプーラーがしっかり噛み合わず抜くのに苦労する場合があり、抜けたとしても部品が破損してしまう事があります。

そのような事が無いようにプーラーには様々な形状が存在するのです。

 

またギヤ―プーラーの形状を使い分けるだけでなく、部品にベアリングセパレーターを取付けてベアリングセパレーターをプーラーで引き抜く方法も有効です。このベアリングセパレーターは油圧プレスで部品を抜くときにも有効で、部品にベアリングセパレーターを取付て軸を油圧プレスで押して引き抜いたりできます。

 

引用抜粋:スーパーツール ベアリングセパレーター

 

例えばベアリングセパレーターと油圧プレスを使用したベアリングの抜き方がこちらです。

イメージ

 

プーラーで抜くためのポイント

プーラーで部品を引き抜く場合に下記のような理由で部品が抜けない事があります。

  • 錆(サビ)
  • 固着
  • 焼付き
  • はめ合いがキツイ

このような場合には引き抜きやすくするための工夫がありますので紹介します。

 

工夫1 プーラーのねじ(中心)をハンマーで叩く

プーラーをセットしてねじを締めて部品と軸にしっかりとテンションを与えた状態でねじの頭をハンマーで叩きます。

「引っ張る力」と「衝撃」の2つの要因で部品が抜けやすくなり、抜けにくい状態でも「ねじの締付」と「ハンマーで叩く」を交互に繰り返すことで部品が抜けてきます。

この方法はプーラーメーカーも推奨しているスタンダードな方法です。

 

イメージ

 

工夫2 潤滑油を塗布する

軸と部品にスプレー式の潤滑剤を塗布する方法もスタンダードです。入手し易く安価な潤滑剤の代表と言えば「KURE 5-56」があります。

 

工夫3 ホットガン(ヒートガン)暖める

この方法は熱膨張を利用してはめ合いを緩くする方法です。

ホットガン(ヒートガン)で暖める部分は部品です、間違っても軸を暖めないようにしてください。

部品を暖める方法としてバーナーを使用する方法もありますが「温度調整」が難しく「火災」の危険性もあるので私は使用しません。

 

工夫4 部品に切れ込みを入れる

ここまでで説明した方法を試しても部品が抜けない場合の最終手段として、部品に「切れ込み」を入れてはめ合いを緩くする方法があります。

切れ込みが軸まで到達すると軸が使用できなくなるので軸手前の寸止めで切り込みを入れます。

この方法はグラインダーの砥石などで部品に切れ込みを入れますので「部品の再使用不可」「火気使用」の問題があります。

また部品が肉厚過ぎると切り込みが軸付近まで到達しないので効果がない可能性があります。

 

まとめ

今回はプーラーについての解説しました。部品交換には必需品ですので使い方や種類について把握しておきましょう。また今回はスーパーツールのプーラーを中心に紹介しましたが各メーカーから様々なプーラーがリリースされていますので状況に応じたタイプを探してみてください。

 

*プーラーの購入はこちらから(無名の安物はハードに使用すると破損する事がありますので名の知れたメーカーの製品を使用してください。)

 

*ホットガン(ヒートガン)の購入はこちらから

 

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-歯車/ギア, ベアリング, 工具
-

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.