配管

ユニオンの漏れの原因と対策/シールテープとパッキンの裏技

ユニオンとは

配管作業でユニオンと言えば「ユニオン継手」の事です。「ユニオン継手」とは分割式でパッキン内蔵の継手です。

ねじ込みや差し込みの配管を施工する場合の作業性を良くし、施工後のメンテナンス(ばらす)を容易にすることが出来ます。

 

鋼管のユニオン

 

漏れる原因

ユニオンにはパッキン/ガスケットが内蔵されていますが、この部分に何らかの問題が起きて「漏れ」が発生する事があります。

 

主な漏れの原因を一覧にしました。

漏れの原因 対策
ユニオンのパッキンが斜め当たり 配管の角度を修正
ユニオンパッキンに隙間(配管の距離)があり締めてもパッキンに接触していない 配管の距離を修正
ユニオンの締付け不足でパッキンに隙間がある 増し締め
パッキンの接触面に異物があり隙間が出来ている 異物の除去/交換した時は異物が入る事が多い
配管の熱膨張でユニオンのねじが緩み隙間ができる 温間時に増し締め(立上げと立ち下げを繰り返した時)
パッキンの劣化(パッキンが割れる) パッキン交換

 

斜め当たりと隙間のイメージ

 

最も多い漏れの原因

漏れの原因として最も多いのがユニオンの緩みです。これは配管が「熱くなったり冷めたりする=熱膨張」することで緩みが起きます。

熱膨張する配管の代表と言えば「蒸気配管」です。蒸気配管の場合は配管が温間になった時に必ずユニオンを増し締めします。私の経験では温間のまま使用していればパッキンが損傷しない限り漏れる事は無いと思いますが、蒸気を止めて配管が冷間となりそこから蒸気を流し温間となった場合にはユニオンが緩み漏れが起きる事が多いです。

 

補足

蒸気配管のユニオンから漏れが頻繁に起きるようでしたらユニオンを廃止してフランジに切り替えた方が良いでしょう。フランジでしたらユニオンに比べて漏れるリスクはかなり低減されます。

もしユニオンからフランジに切り替える時に、スペースの問題で通常のフランジが取付出来ない場合には「3本固定の組フランジ」が有効です。4本固定のフランジよりも省スペースです。

引用抜粋:日立金属株式会社

 

漏れが起きたら初めに行う事

配管の種類や用途問わず、ユニオンから漏れが起きている時の対応としては、第一に増し締めを行うことです。

漏れると言うことは内部に隙間がある為ですから増し締めしてどうなるか?です。もし漏れが治まらない場合にはバラシて原因を探りますが、大概の場合はパッキンが劣化して割れているのでパッキン交換で解決します。

 

漏れを止める裏技

ユニオンからの漏れを止める方法として、正攻法ではなく応急処置として漏れを止める方法があります。絶対に止められる保証はありませんが、実績はありますのでやってみる価値はあります。

 

裏技

  1. パッキンにシールテープを巻く
  2. パッキンを2枚入れる

この2点について解説します。

 

1.シールテープを巻く

パッキン/ガスケットにシールテープを巻き付けて隙間を埋める(漏れの原因)方法です。

パッキンが損傷しているが新品が無い場合やパッキンが薄くてユニオンの突き当てに隙間がある場合にシールテープを巻き付けます。

 

イメージ

 

2.パッキンを2枚入れる

パッキン/ガスケットを2枚重ねて隙間を埋めて漏れを止める方法です。

配管が短くパッキンに隙間が出来る場合やパッキンが薄くてユニオンを締めても隙間が埋まらない場合にパッキンを2枚重ねて入れる事ですき間を埋めて漏れを止めます。

 

イメージ

 

まとめ

今回はパッキン/ガスケットを工夫して漏れを止める(応急処置)方法を紹介しました。現場の状況は様々ですからこのようなやり方も知っておくと役に立つと思います。

今回紹介した部材はこちらから購入できます。

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-配管
-, , , , ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.