組立ての仕事 仕事の思考

なぜ、問題は繰り返されるのか?

悩み

私の職場では日々問題が起き、その問題は繰り返され続けてきました。それは「設計ミス」「製作ミス」です。

”問題をゼロにすることは簡単な事ではない”” と痛感している今日この頃です。今回は、なぜ問題は無くならないのかを今一度整理したいと思います。

なぜ問題が起きるのか?

なぜか?

  • 組織/システムの問題
  • 個々のスキルと思考の問題

大きく分けて2つだと感じています。

組織/システムの問題

どんなことが考えられるか?

問題点

  1. 仕事のチェック体制・・・・人は失敗するものなのに、チェックすることを怠る
  2. 問題を是正する仕組み・・・・個々に責任を押し付けている

私は「仕事のチェック体制」と「問題を是正する仕組みがない」事は非常に重要なことで、これが実行できれば問題は大幅に低減できると思っています。

1.仕事のチェック体制

どうすればよいか?

  1. 設計は組図の承認を上司が行い、図面に承認印を押す。
  2. 製作は製作時に、寸法測定を行い製作図面に記録で管理者の承認を得る。

当事者ではなく、それ以外の人が判断することに意味があります。設計に関しては上司が確認し承認するルールとなっているが、確認せずに承認印を押すことが常態化しています。製作は寸法測定をおこなっていない、測定していても記録しない。となっています。

2.問題を是正する仕組み

どうすればよいか?

  1. 問題が起きたらやり方、管理方法、ルールなどを変える。
  2. 話し合い、対策会議を実施し仲間の問題意識を共有し意見を出し合う
  3. 問題を集計しデータ分析を行い、何を改善すれば最善か検討する。

1と2は全く機能していません。3の問題の集計は組立部門が行っていますのでデータはあります。

*組織/システムの問題が解決しない理由

私が感じているところでは、、、

理由

  • 上司や管理者の問題意識が薄い
  • ワンマンの上司や管理者の為、意見できない、話し合いができない環境
  • 問題は起きるのが当たり前だから、やるだけ無駄。
  • めんどくさいなどの怠慢な意識

です。これを変えるためには経営者、会社幹部が取り組まなければ変わる事は無いでしょう。

 

個々のスキルと思考

どんなことが考えられるか?

問題点

  1. スキル不足(技術)の為、失敗する。
  2. 仕事に対する考えが甘い。誰かが何とかするからイイや、、、、

この2点に尽きます。

1.スキル不足

どうすればよいか?

  1. 知識や事例など座学での勉強
  2. 実技講習で知識や事例を実践してみる

社外のセミナーや職場の勉強会、自身で学習など、意欲的な姿勢でないと身に付きません。

2.仕事に対する考え方

どうすればよいか?

  1. 客先に適切な商品を届ける意識
  2. 自分が怠慢な仕事をすれば、会社、仲間、客先、皆が不幸になる
  3. プライドを持つ。自分の仕事に自信を持ち結果、評価されることをやりがいとする。

この考えならば、必ず問題の低減につながると思いますが、考えは人それぞれ。皆がそうなることは難しいです。

*個々のスキルと思考の問題が解決しない理由

私の感じているところでは

理由

  • スキルを向上させる環境がない(セミナー、勉強会)
  • 自身の向上心が薄い
  • 自分がどうあるべきかの理想像がわからない
  • 失敗すると責められる
  • 仕事が嫌い

です。個を伸ばすためには環境だと思います。良い雰囲気を作り、その気にさせる。そこで、知識と技術を教えます。失敗しても責めずに、チャレンジしたことを褒めるべきです。

まとめ

私の一番変えたいことは、組織/システムですが、難易度はかなり高そうです。下からの訴えに耳を傾けてくれる人もいるが、そうでない人も居る。組織の場合、部署を超えて変えていくことは権限がある立場の人間にしかできません。と、なると経営者、会社幹部にこの問題を理解してもらうように

  • 問題解決の為の今までの取り組み
  • どれくらい会社の不利益になっているかのデータ、資料

を準備して、訴えるしかないようです

 

以上

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-組立ての仕事, 仕事の思考
-

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.