材料

冷間引抜と研磨(センタレス)の丸棒反り精度/みがき丸棒の精度

シャフトの反り

シャフトとは軸の事です。私の場合は回転軸としてシャフトを使用する事が多く、そしてその精度に苦労してきました。

シャフトの精度

私の言うシャフトの精度とは下記の2点です。

  • 反り(振れ量)
  • 径の公差

回転軸として使用する場合には非常に重要な要素です。

みがき丸棒とシャフト

シャフトの素材として選択されるものにみがき丸棒があります。みがき丸棒にはピーリング/冷間引抜/研磨の3種類があり、シャフトとして使用する場合は冷間引抜と研磨を選定する事が多いです。

詳しくはこちらをご覧ください。

みがき丸棒の表記と認識間違い/磨き棒ミガキ棒


精度公開

今まで私はシャフトを何百本と精度を測定してきましので、おおよその値ですが精度を示しておきます。

シャフトのプロフィール

  • 軸径:12mm
  • 長さ:約800mm
  • 素材:SUS304
  • 測定本数:500本
  • 加工方法:鋼材屋から冷間引抜と研磨の丸棒を購入して最後に追加工した

シャフト精度の平均値

冷間引抜 研磨(センタレス)
振れ量(mm) 0.6~0.1 0.08以下
軸径公差の平均値(mm) -0.03 -0.01

*振れ量はダイヤルゲージで測定

*軸径はマイクロメータで測定

上記の結果から研磨(センタレス)の精度が良い事が分かると思いますが全長が長くなると精度は悪くなります。

長い研磨丸棒の精度

  • 軸径:12mm
  • 長さ:約1100mm
  • 素材:SUS304
  • 測定本数:100本
  • 加工方法:鋼材屋から冷間引抜と研磨の丸棒を購入して最後に追加工した

シャフト精度の平均値

研磨(センタレス)
振れ量(mm) 0.03~0.3

*振れ量はダイヤルゲージで測定
*軸径はマイクロメータで測定

 

今回はこの辺で。*覚書として

以上です。

 

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-材料
-, , , ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.