精度測定器

マイクロメーターとは

マイクロメーターとは

 マイクロメーターとは形状の大きさや深さを測定する測定器です

 

精度

標準タイプの目盛りは0.01mmです。デジタルタイプは0.001mm表示です。アナログタイプは目盛りのズレ量で0.001mmを読取る事も可能です。

器差(モノの寸法と測定器が示す数値の差)は種類よって違いがあります。下記のJISB7502の規格表をご覧ください。

 

JISB7502 マイクロメーターの器差

 

参考 目盛のズレで読み取る 

-1㎛(目盛りの線が半分ズレている)

-2㎛(目盛りの太さ分のズレ)

 

使用の注意

使用上の注意は下記の2点です。

  1. 熱膨張・・・アンビルと呼ばれる測定面は金属ですので、熱によって膨張や収縮します。これにより、正しい測定値が得られない原因になります。取扱いは防熱カバーを持ち、マスターで測定値の誤差確認と、公正をすることをお勧めします。
  2. 押さえすぎ・・・内部構造がネジ式ですから測定面に接触後、回し過ぎると変形により正しい測定値が得られません。押さえ過ぎない為にラチェット式となっていますが、それでも測定値にバラつきが発生します。最低3回測定を繰り返し、安定して得られる数値を測定結果とする方法が良いでしょう。

 

種類(代表的な3種類を紹介)

外側マイクロメーター

外側を挟んで測定する外径測定用です。

 

 

内側マイクロメーター

内側に測定子を接触させて測定す内径測定用です。

 

 

デプスマイクロメーター

 深さを測定する測定器

 

校正

マスターをマイクロメーターで測定し、目盛りのズレを付属品のフックスパナでスリーブを回して校正します。

 

補足動画

新潟精機のマイクメーター取扱い動画です。参考にしてください。

 

*マイクロメーターの購入はこちらから

 

 

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-精度測定器
-,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.