組立ての仕事

③部品の仕分けとは/組立の仕事

部品の仕分けとは

部品の仕分けとは

購入品や製作品などの組立に必要なモノを組立作業が効率よく進むように仕分ける事

 

仕分けのイメージは図書館

仕分けの必要性

問題点

仕分けが出来ていないとどのような問題が起きるでしょうか?

問題

  • 必要な部品がどこにあるか分からない
  • 部品が紛失する(後で見つかる)
  • 部品の整理が出来ていない為、部品に傷がつく、破損する
  • 作業エリアの見栄えが悪く、来客の印象が悪くなる

このような問題が起きては作業が進まず非効率です。

対策

ではどのようにして仕分ければ良いのか?考えてみます。

対策

  • 部品をユニットごとにまとめる(図面番号やユニット番号ごとに)
  • 棚を使い、部品を区別しつつ、一か所にまとめる
  • 棚を移動式タイプ(キャスター式)とし、作業の状況によりレイアウトが迅速に変更できるようにする
  • 大きな部品(棚に収まりきらない)はパレットに仕分ける。パレットにすることで、レイアウト変更が簡単(部品の床置きにメリット無し)
  • 棚には図面の収納BOXを取付け、部品と図面をセットにする

このような事が出来れば効率的ではないでしょうか?

棚の仕分け例

このような棚を数台準備してルール化できれば作業効率アップ間違いなしです。

 

次はこちら

④ベースフレーム設置/⑤ユニット組立/組立の仕事

 

以上です

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-組立ての仕事
-,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.