精度測定器

ノギスとは

2019年7月27日

ノギスとは

ノギスとは「長さ」「口径」「深さ」を測定する測定器です。

 

精度

器差(モノの寸法と測定器が示す数値の差)は種類よって違いがあります。

下記のJISB7507の規格表をご覧ください。

 

*JISB7507 ノギスの器差

JISB7507 ノギスの器差

 

読み取りの精度は下記のようになっています。

  • 標準ノギス・・・バーニア目盛りで0.05mm単位
  • デジタルノギス・・・0.01mm単位

標準ノギス

標準ノギスはバーニア目盛りで0.05mm単位で測定できる。デジタルノギスは0.01mm単位。

本尺目盛りとバーニア目盛り(0.05mm刻み)が一致している部分を読取る  この場合は10.5mmです

 

測定範囲

ノギスの最大測定範囲は1000mmまでが一般的です。

ノギスには測定範囲別に大きさの種類がありますので、測定するモノの大きさに合わせて扱いやすい種類を選定します。

 

測定範囲の種類には例えば下記のタイプがあります。

  • 0~100mm
  • 0~150mm
  • 0~600mm
  • 0~1000mm

 

使用の注意

使用の注意として、「押さえ過ぎ」に注意が必要です。

測定面(ジョウ)を押さえ過ぎるとスライダの歪みなどで誤差が生じます。

種類(代表的な3種をご紹介)

M形標準ノギス

バーニア目盛り付きのスタンダードなタイプです。

標準ノギス

 

デプスゲージ

バーニア目盛り付きの深さを測定する測定器です。標準ノギスでも深さを測定できますが、測定面の安定性に欠けます。デプスゲージは深さの測定に特化していますので、安定して測定が出来ます。0.05mm以下の測定の場合は、デプスマイクロをお使いください。

デプスゲージ

 

ABSデジマチックキャリパ(デジタルノギス)

ゼロ点は任意の位置でできます。測定は0.01mm単位ですので、力の入れ加減で測定値がバラツキます。数回測定を繰り返して安定した測定値を読取ってください。

デジタルノギス

 

補足動画

新潟精機のノギス取扱い動画です。参考にしてください。

 

 

*ノギスの購入はこちらから

 

 

以上です。

気になるカテゴリーから記事を検索

当ブログのご支援をよろしくお願いします。

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-精度測定器
-,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2021 All Rights Reserved.