組立ての技術

ねじで穴を埋める方法/間違えた穴をボルトで埋める

 

今回は「ねじで穴を埋める方法/間違えた穴をボルトで埋める」についての記事です。

穴あけ作業を行ったら「邪魔な穴がある(穴がかぶっている)」、はたまた「間違えて穴をあけてしまった」、、、こんな時、あなたはどうしますか?

そのような時には、穴を埋める方法があります。今回は、穴を埋めると言ってもねじで穴を埋める方法を紹介しようと思います。

 

ねじで穴を埋める

機械装置を組立てる上で、追加工はつきものです。しかし、追加工と言う作業は中々上手く行かない事が多々あります。

例えば、加工済みの部品に追加加工で穴あけをしようとした時に、既にあいている穴が邪魔(穴が重なる)だったらどうすれば良いでしょうか?

 

穴が邪魔な時の対応

  • 邪魔な穴を埋めて、新規の穴あけをする

このような対応が考えられますね。

 

では、穴埋めの方法としてはどのような方法があるでしょうか?

  • 溶接で穴を埋める
  • ねじで穴を埋める

 

溶接で穴を埋める作業は定番です。しかし、溶接作業は「できる状況」が限られてしまいます。

例えば、「現場改造でベースフレームの穴を埋めたい」としたらどうでしょうか?

ベースフレームは持運びが出来る部品ではありませんから、取り外して溶接する事はできません。

また、溶接作業は材料に熱が入る事になるので、歪の発生によって部品精度が低下する恐れもあります。

 

では、「ねじで穴を埋める」方法はどうでしょうか?

溶接で穴を埋める方法は、「確実性」がありますが、作業環境や懸念事項を考えると「ねじで穴を埋める方法」が有効に思えます。

 

ねじで穴を埋めて穴をあけなおす方法

溶接以外で穴を埋める方法として、私が使う手段に「ねじを穴に入れ嫌気性接着剤で固めて埋める方法」という方法があります。

作業手順は下記に示す通りです。

 

手順

  1. ねじ山をパーツクリーナーで清掃して油分やゴミを除去しておきます。
  2. ねじに強度が強い接着剤を塗布します。ロックタイト638は、はめ合いの永久固定接着剤、ロックタイト262はねじの高強度接着剤です。
  3. ねじをナットでロックし固定します。
  4. 現場では時間の余裕がありませんので固定時間は30分とします。本来は半日以上の固定時間が欲しい所です。
  5. グラインダーで余分なねじをカットし、表面を仕上げます。
  6. ポンチで穴をあける位置に揉みつけます。あける穴の面積は埋めたねじの残りを考慮してください。埋めたねじの残りが半分以下になるとねじが取れてしまう事があります。
  7. 穴あけ、タップ加工をし完了です。

*埋める穴にねじ山がない場合には下準備としてタップ加工をしておく必要があります

 

それでは上記の手順を写真で確認してみましょう。

参考に、作業過程をご覧ください

 

注意ポイント

  • グラインダでねじを切断する時にねじが発熱するので注意してください。嫌気性接着剤の成分は合成樹脂ですので高温に弱いと言う欠点があります。グラインダ作業でねじが高温になりすぎないように作業をしてください

 

実用実験

では、上記の方法であけなおした穴(タップ)が実用出来るのか?検証してみましょう。

 

検証方法

  • 締付け/緩めを10回繰り返しおこなう

 

検証の状況は下記の写真をご覧ください。

検証してみた

結果、締付けとねじ山に異常は起きませんでした。

 

まとめ

今回は、嫌気性接着剤のロックタイトとねじを使って穴を埋めてみました。もし、ロックタイトの高強度が無い場合には、瞬間接着剤でも代用できる可能性があります。

本来は、このような事態に陥らないような段取り、調査、検討を行う必要があります。ですが、もしもの時にはこのような手法が役に立つかもしれません。覚えておいて損はないと思います。

 

*嫌気性接着剤についての記事はこちらをご覧ください

 

*ねじ用の高強度接着剤の購入はこちらから

 

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-組立ての技術
-, ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.