組立ての技術

油砥石(オイルストーン)の取り扱い

組立における砥石とは

砥石は研磨や研削するモノですが、組立作業では部品の面修正で使用されます。

具体的には下記の2点です

  • バリ
  • 打痕

部品の面修正が目的ですから面の凸(出っ張り)を落とすイメージです。

 

おすすめの砥石

私の使用している砥石は(株)大和製砥所さんのチェリーオイルストーンです。砥石の成分はアルミナ(酸化アルミニウム)です。

粒度は2種類を使い分けています

  • 中目(粒度180)
  • 細目(粒度320)

 

油について

油砥石と言う名前の通り油を浸み込まして使用します。そもそも、砥石は水や油を浸み込ませたり掛けながら使用するモノです。

なぜ、水や油が必要か?

  • 研磨、研削の屑が砥石に目詰まりしないように
  • 滑り易くして均等な力で砥石がかけられるように

このような理由があります。目詰まりすると面に傷が入ったり、滑りにくいと一部分だけ削りすぎてしまったり良い事はありません。

 

使用する油

目詰まりと滑りを考慮すると、粘度の低いサラサラしている油が扱いやすいです。私は安価で入手し易いKUREの5-56を使用していますが、油砥石専用の油やミシン油、他工業用油など自分の環境にあった油を使用すれば良いと思います。


面修正のやり方

手順

  1. 砥石に油を十分に浸み込ませておく
  2. 砥石をかける面に油を吹き付ける
  3. 砥石をかける
  4. 面をウエスなどで清掃し完了

1. 砥石に油を十分に浸み込ませておく

私の場合にはスプレーの油ですので砥石に吹き付けて浸み込ませています。十分に油を浸み込ませると砥石が油を吸わなくなり表面に油が溢れてきますので、この状態になれば砥石を使用できると言えます。

 

2. 砥石をかける面に油を吹き付ける

砥石には十分に油が浸み込んでいますが対象物が乾いていると砥石の油が対象物に奪われてしまい、油の効果が無くなってしまいますので対象物にも油を吹きかける必要があります。

 

3. 砥石をかける

砥石をかける目的は冒頭でも説明しましたが”バリ”と”打痕”の修正ですから、砥石のかけ過ぎには注意しなければいけません。

 

砥石をかけ過ぎると起きる問題

  • 必要以上に面が削れてしまう
  • 手作業のため部分的に削れてしまう

などの問題が起きますので面精度はそのままで修正するイメージです。

 

見極めはどうしたら良いのか?

手の感覚と視覚で確認する

  • 手に抵抗を感じなくなるまで
  • 手で面を触る
  • 目視

バリや打痕は面に対して出っ張っていますので砥石を滑らせるとひっかっかります。何度か滑らせると、そのひっかっかりが削れて抵抗を感じなくなるはずです。それがバリや打痕が除去できたかの目安となり、最終的には手で面を触った感触と目視でバリや打痕の有無を確認します。

 

試験的にポンチで打痕を付けた面に砥石をかけてみた。このような感じに削れます。

 

4. 面をウエスなどで清掃し完了

油や汚れ、削り屑をウエスなどで拭き取ります。対象物の材質や表面処理の有無にもよりますが、拭き取る時に脱脂まですると錆びが発生する事がありますのでその点は考慮します。

 

補足

砥石の取り扱いですが、硬い材質のため落とすと割れる事があります。小さくなった砥石も狭い場所や小さな部品に使用できますが、基本的には落としたりしないような取り扱いを心がけましょう。

長年使用した薄くなった砥石を落としたら割れました

まとめ

砥石はバリや打痕の修正に適していますが使い方を間違えると面精度が悪くなってしまいます。十分に注意したいところです。

 

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-組立ての技術
-, , , ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.