組立ての技術 ベアリング

シールなしベアリング/テーパーベアリングにグリス充填する

グリスの必要性

シールなしのベアリングやテーパーベアリングなどのグリスが封入されていないベアリングにはオイルやグリスの潤滑が必要です。

潤滑の目的について調べてみました。

引用・抜粋:NTN 転がり軸受総合カタログ 潤滑

11. 1 潤滑の目的

(中略)

(1)摩擦及び摩耗の軽減 (2)摩擦熱の排出 (3)軸受寿命の延長 (4)さび止め (5)異物の浸入防止

とあります。非常に大切ですね。ここでは、グリスの充填方法について説明します。

 

充填方法

方法は簡単「グリスを手のひらでベアリングに押し込む」です。

 

やってみました

グリスが充填されていないテーパーベアリングで実際にやってみました。

ベアリングのすき間に手のひらを押し付けてしっかりと内部にグリスを押し込むイメージです。

 

充填前と充填後の重量

簡易的な秤ですが、充填前と充填後を計ってみました。

約10gグリスが充填されました。数値で見ると、グリスが充填されたんだと実感しますね。


なぜ手のひらなのか?

手のひらが有効的なのは以下のような理由があります。

  • 手のひらは面積が大きいのでグリスを詰める時にグリスが逃げない。
  • 指で詰めようとすると指のすき間からグリスが漏れてしまう。
  • 指より手のひらの方が押す力が強い

ですから、指ではグリスを詰める事は効率が悪いので手のひらを使います。

 

中古のベアリングの充填

再使用の場合はベアリングに古いグリスが入っています。洗浄してグリスを除去する事が望ましいですが、そのまま充填する場合は”新品のグリスを手のひらで押し込んで汚れたグリスを外へ排出させる”事を意識して詰めます。

汚れたグリスが出てきたら新品と混ざらないように除去しまた新品のグリスを詰める。この繰り返しです。こう言った場合では古いグリスを追い出す為に強い力で新しいグリスを供給する必要があり、手のひらで押し込む方法は有効です。

 

まとめ

今回は、当たり前と思うような事ですが非常に大切なことでもありますので解説しました。

おすすめのグリスの用途と特徴

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-組立ての技術, ベアリング
-, , ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.