組立ての技術 ケミカル

平行ピンにはめ合い接着剤を塗布する方法

はめ合い接着剤を塗布する状況

平行ピンにはめ合い接着剤を塗布する状況にはどのような事があるのか?考えてみましょう。

塗布する状況

  • はめ合いが想定よりも緩い
  • 絶対に抜けて欲しくない
  • B種(h7)のマイナス公差のピンを使用する場合

このような場合には接着剤の塗布が必要になると思います。

アルマイトは見分けがつかない

塗布する時の注意

塗布するのは良いですが接着剤がゆえに問題が起きる事もあります。しっかりと要点を押さえて作業をおこないましょう。

予想される問題

接着剤を塗布しピンを入れると余分な接着剤がはみ出る。

そうなると何が起きるのか?

問題

・接着剤が部品の隙間に入り込んで部品を接着してしまう
・部品に付着し表面の変色や酸化して錆びる

このような問題が起きます。つまり適量の接着剤を塗布しはみ出た接着剤は拭き取る必要があります。

私の塗布方法

私の塗布の方法を紹介します。

塗布の方法

穴側だけに接着剤を塗布する

なぜか?

  • ピン側に塗布すると、挿入時に接着剤が挿入側にはみ出てしまう。挿入側(ピンが飛び出る側)は相手の部品がいるので接着剤をはみ出させたくない。
  • ピン側にはみ出た場合で穴に面取りがあると、接着剤が面取り部分に溜まってしまいピンが邪魔で拭き取りずらい。
  • 穴側が止め穴の場合はピンを挿入した時に接着剤が穴の中で行き渡る。

ですが実際には、はみ出た接着剤は拭き取れるのでピンが接着できれば、”ピン側に塗布”か”穴側に塗布”か”両方に塗布”などどちらでも良いと思います。

穴側への塗布方法

穴側へ塗布はこのようなやり方です。

塗布方法

  1. 穴より小さな道具に接着剤を適量とる
  2. 道具を穴に入れ外周に塗りつける
  3. ピンを入れる
  4. はみ出た接着剤を吹きとる

参考写真

ピン側に塗布するとどうなるか?

このように、挿入側にはみ出ます。面取りしてあると面取りのクボミに接着剤が溜まってしまい拭き取りずらいです。

参考写真

まとめ

私の基本は穴側への塗布ですが、塗布方法は状況に応じて方法を変えれば良いと思います。”はみ出た接着剤は拭き取る”は必ず行いましょう。

嫌気性接着剤の使分け/ねじロック/ロックタイト

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-組立ての技術, ケミカル
-, , ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.