【仕事と思考】

デザインの4つの基本原則は資料やデータや整理整頓に応用できる

 

今回は「デザインの4つの基本原則は資料やデータや整理整頓に応用できる」についての記事です。

今回の記事では、デザインに自信がなく誰かに何かを伝えることが苦手な私がとても参考になった「デザインの4つの基本原則」について簡単にまとめておこうと思います

 

デザインの4つの基本原則は資料やデータや整理整頓に応用できる

デザインの4つの基本原則

皆さんはデザインの基本となる4つの原則をご存じですか?

 

デザインの4つの基本原則とはコレです。

  • 近接
  • 整列
  • 反復
  • コントラスト

 

これは、デザインやレイアウトの基本を学ぶための書籍「ノンデザイナーズ・デザインブック」で紹介されている原則なのですが、この原則は資料やデータや整理整頓など仕事でよくありがちな事に応用できるめちゃくちゃお役立ちの情報なんです。

この基本を知っておけば、私のようなデザインのセンスに自信がない人でも、そこそこ資料を作ることができますし、他の人が作った資料の手直しなんかにも役立つのです。

 

ノンデザイナーズ・デザインブック

 

資料やデータや整理整頓に応用

仕事でありがちな業務に「資料製作」「データのまとめ」「整理整頓」などがありますが、このような作業は「やる人」によって出来栄えに物凄く差があって「見やすくて理解しやすくて扱いやすい」場合もあれば「何これ、全然頭に入ってこないよ」なんてこともあるわけです。

 

つまり、ここでポイントになるのがコレです

  • 第三者に伝わっているのか?

 

自分のメモや日記は自分が理解できれば良いですが、何かを表現する場合って相手に伝える目的がほとんどです。つまり、相手に伝わらなきゃ意味がないとも言えます。でもこれって、簡単そうで実は結構難しいことです。しかも不慣れな人は、相手の受け取り方を考えていなかったり、自分の言いたい事や伝えたい事を前面に出している、なんてことになってしまいます。

 

だから何かを表現するときの心得としてコレを覚えておきましょう。

  • 自分本位の表現 = 相手は認識できない、理解できない

 

そして、この心得を意識したうえで、、、、

  • 冒頭で紹介した「デザインの4つの基本原則」を活用する

 

どんなことにも共通するのですが、人が何かを認識するときは「デザインの効果」がものすごく影響します。そして、その基本を知れば相手に伝わるような「資料製作」「データのまとめ」「整理整頓」ができると言うことなんです。

 

4つの基本原則まとめ

それでは簡単に4つの基本原則について紹介しておきます。

*詳しくはノンデザイナーズ・デザインブックを購入して学んでください。

 

 

近接

近接のポイントはコレです。

  • 関係している要素を近接させてグループ化する = 組織化

 

目的は、視線が止まる回数を少なくして認識しやすくすることです。

 

整列

整列のポイントはコレです。

  • 要素をバラバラに配置させない = 視覚的つながりをもつようにする

 

これによって、「ページの一体化と組織化」を図ることができ、視覚的に関連させるので認識しやすくなります。

 

反復

反復のポイントはコレです。

  • デザイン上の何かの特徴(視覚的要素)を作品全体をとおして繰り返す

 

例えば、太いフォント、太い罫線、デザイン要素、配置など繰り返すことでデザインに一貫性が生まれ認識しやすくなります。

 

コントラスト

コントラストのポイントはコレです。

  • 様々な要素にコントラストをつける = 目を引く

 

コントラストをつけると、デザインを見たときに無意識に注目します。例えば、細い線と太い線、書体を変える、行間を変える、色の強弱、などで強調したい部分やデザインをすっきりさせたいときに使えます。

 

デザインの4つの基本原則のポイントまとめ

それでは、デザインの4つの基本原則について重要なポイントをまとめておきます。

 

ポイント

  • デザインの4つの基本原則は「近接」「整列」「反復」「コントラスト」
  • 「自分本位の表現 = 相手は認識できない、理解できない」なので表現方法に注意が必要
  • デザインは「資料製作」「データのまとめ」「整理整頓」など第三者に伝える目的に大切なこと

 

以上3つのポイントが大切です。気になる方は、購入してみてください。おすすめです。

 

*ノンデザイナーズ・デザインブックの購入はこちらから

 

関連記事:【仕事と思考】

以上です。

              ⇩ この記事が良かったらシェアお願いします ⇩          

-【仕事と思考】
-

© 2021 機械組立の部屋 kikaikumitate.com