トラブル事例

エアシリンダが動かない原因/シリンダブラケットの問題

エアシリンダが動かない原因を考える

エアシリンダが動作しない状況は様々ですが今回は新品のエアシリンダを前提としたときの動作しない理由を解説します。

通常「新品のエアシリンダが動かない」なんてことはありえませんよね。でも実際には動かない事があります。その原因はシリンダの問題ではなくシリンダの取り付けブラケットに問題がある場合があります。

それでは私が実際に経験したトラブル事例を紹介します。

 

トラブルの現象

新品のエアシリンダが動作しなかった時の現象を下記に示します。

トラブルの現象

  • ストローク中間まで動作し動かなくなる
  • 全く動作しない時もある
  • スピコン調整しても解決しなかった

原因追及

なぜ動かないのか?その原因を調べるためにまず初めにシリンダの取付ブラケットをバラしてシリンダ単体での動作確認をした所、シリンダは「正常に動作」しました。

こうなるとシリンダ単体には問題がないので、怪しいのは「シリンダの取付ブラケット」が考えられました。

シリンダブラケットに問題がないか、ブラケットの精度測定をしてみると「取付面が0.5mm反っている」事がわかりました。

どうやらこの反りがシリンダボディを歪ませて動作不良を起こしたようです。

 

エアシリンダの動作不良の対策

今回の件で「ガイド付きシリンダのブラケットには平面の精度が必要」と結論がでましたので、取り付け面の精度を「0.2mm以下の平面度」として対策をしました。

具体的には下記の対策方法を行います。

対策方法

  • 面削する
  • みがき材を使用する
  • 曲げのブラケットの場合は、曲げた位置から取付面までの距離を30mm以上距離を置く

注意:取付ブラケットとはシリンダボディとエンドプレートの両方を指しています。どちらかのブラケットの平面度が悪ければ動作しません。

 

まとめ

今回のエアシリンダが動かない(動作不良)には特にガイド付きシリンダに起きやすい現象です。ガイド付きシリンダの場合はブラケットの反りでシリンダのピストンではなくガイドにひずみが生じて動作不良となります。

機械や装置にはエアシリンダは必要不可欠ですから使用頻度が高く、安価に仕上げたい気持ちもわかりますがトラブルが起きないように最低限の対策はしましょう。

以上です

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-トラブル事例
-,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.