組立ての技術 ボルト/ねじ 加工

折れたねじの除去方法/ポンチとエキストラクターで除去する

ねじが折れる

「ねじが折れた!」

 

折れたねじ

 

機械/装置業界に関係する人ならこのような経験がありますよね。そんな時はどうすれば良いのでしょうか?

と言う事で、今回は折れたねじの除去方法を紹介したいと思います。経験者の方はご存知かと思いますが再確認したいと思います。

 

除去方法

今回紹介する除去方法は下記の2通りです。

  1. タガネ/ポンチで除去
  2. エキストラクターで除去

それでは解説していきます。

 

方法1 タガネ/ポンチで除去

ねじが折れる時に多いパターンは下記の2点だと思います。

  • 締付けられた状態から緩める時(回転せずに折れる)
  • 締めすぎた時

このような折れた方をした時にねじはどうゆう状態なのか?考えてみましょう。

 

イメージ図

 

このようにねじ山の上側が接触しており、ここが食い込んだ状態で折れていると想像できます。

この状態で簡単に除去できる場合もあるのですが、しっかりと食い込んでしまい中々除去が出来ない場合もあります。

そんな時はねじの食い込みの解放をするとねじが外れやすくなります。

 

*下記に食い込みの解放と除去の手順を示します。

  1. タガネ/ポンチでねじを真上から叩き、ねじ山の上側に食い込んでいる状態を開放する。強く叩きすぎると下方向に食い込んでしまいますので手加減を注意してください。
  2. ねじを除去したい方向にタガネ/ポンチで叩き除去します。

 

こちらを参考にしてください。

食い込みの解放

*クリックで拡大

 

方法2 エキストラクターで除去

前述で解説した「方法1 タガネ/ポンチで除去」をやってみてねじが外れない場合には「エキストラクター」と言うねじの除去専用の工具を使用する方法があります。

エキストラクターは「穴に打ち込み、ねじの緩め方向に回転させるとエキストラクターが穴に食い込む」特徴があります。

この特徴によってねじを除去する事が出来ます。

 

*下記にエキストラクターを使用した除去の手順を示します。

  1. ねじの中心にエキストラクターが打ち込める大きさの穴を開ける。ねじのサイズによってエキストラクターのサイズも変えて、穴径がねじ径より大きくならないようにしてください。
  2. 穴にエキストラクターをハンマーで打ち込む
  3. エキストラクターをねじの緩め方向へ回転させて、穴にエキストラクターを食い込ませてねじを除去する。もしエキストラクターを外したいときは、ねじの締め方向へ回転させると外れます。

 

こちらを参考にしてください

エキストラクターの使用方法

*クリックで拡大


 

最後に

今回は折れたねじの除去方法について解説しました。注意としてこの方法でも、実際には全てのねじが除去できるわけではありません。そんな時には状況に応じた方法を考える必要があります。今回の事例は1つの方法として参考にしてください。

 

*ねじの頭がなめた場合の除去方法はこちらの記事をご覧ください ⇒ 「頭がなめたネジを外す方法/ドリルで頭を飛ばす」

 

*エキストラクタ―の購入はこちらから

 

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-組立ての技術, ボルト/ねじ, 加工
-, ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.