モータ

モーターとギヤヘッド(減速機)の取付/オリエンタルモータ

モーターとギヤヘッド

モーターは機械や装置には欠かせない駆動機構(動力)で使用頻度は非常に高いですね。

このモーターを使用する場合には下記の2つのパターンがあります。

  • ギヤードモーターを使用する・・・モーターに減速機が組み込まれている一体モノ
  • モーターにギヤヘッド(減速機)を別手配(選定)して組み付けて使用する

このようなパターンがあるのですがモーターに関して組立時に注意したい点は「モーターにギヤヘッド(減速機)を組付ける」作業です。

と言う事で今回はオリエンタルモーターを例に組付けの注意点を説明しようと思います。

モーター

これはモーターと減速機が一体型のギヤードモーターです。

これはモーターと減速機が別タイプです。

補足 減速機の必要性

基本的にモーターは電源の周波数によって回転数が決まっていますが、実際にモーターを使用したい場合の必要な回転数やトルクは機械や装置によって様々です。つまりモーターをそのままで使用すると限られた選択肢となってしまうので、減速機を使用する事で回転数を変化させ、あらゆる場面で使用できるようにしています。

 

モーターにギヤヘッド(減速機)を組付ける

モーターにギヤヘッド(減速機)を組付ける時の注意点ですが、オリエンタルモーターを例にしますと下記の2点に注意が必要です。

  1. ガスケット/Oリングの装着・・・ギヤヘッド型式 「GN/GU/GE」 はガスケット/「BH」はOリング)
  2. モーターにギヤヘッドを挿入する時

それではこの2点について解説します。

モーターとギヤヘッド

左側がギヤヘッド(減速機)/右側がモーター

 

1.ガスケット/Oリングの装着

モーターに減速機を組み合わせる時には「ガスケット/Oリング」の装着を忘れずに行います。

なぜ「ガスケット/Oリング」が必要なのかと言いますと、モーター/ギヤヘッド内部のグリスが外部に漏れる事を防ぐ為と外部からの異物混入を防ぐ目的があるからです。

取付の注意ポイント

  • ガスケット/Oリングのにネジレやクセが無いように装着する

取付る部分

  • モーターとギヤヘッドの合わせ面はインロー(凹凸のはめ合い)となっていますのでこの部分にガスケットまたはOリングを装着します。

モーターとギヤヘッドにガスケット装着

ガスケット

ガスケット装着イメージ

 

2.モーターにギヤヘッドを挿入する時

モーターにギヤヘッドを挿入する時に注意すべきことは「無理やり挿入しない」です。

モーターとギヤヘッドと組合わせると言うことはお互いの歯切り軸とギヤを組み合わせる事になります。

その時に無理に組み合わせると歯切り軸とギアが破損してしまいます。

 

挿入ポイント

  • モーターとギヤボックスを回転させながらインローに挿入してください。
  • 挿入後目視でガスケットが均等に接地しているか確認してください

モーターにギヤヘッドを挿入

目視でガスケットが均等に接地している事が確認できたらモーターとギヤヘッドをボルトを均等に締付けて完成です。

 

まとめ

今回はモーターにギヤヘッドを組付ける時のポイントと注意点を解説しました。ガスケット/Oリングの取付と、挿入時のギヤの噛み合いの2点に注意して作業をおこないましょう。

 

以上です

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-モータ
-, , ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.