トラブル事例 ボルト/ねじ

皿ねじのねじ山にはバラツキがある/ねじ山の有効長さ

 

今回は「皿ねじのねじ山にはバラツキがある」の記事です。

先日、皿ねじを使用して部品を固定しようとしたらねじ山が原因で部品が固定できませんでした。

今回はねじ山の不具合について事例を紹介しようと思います。

 

皿ねじとは

皿ねじとは座面が円錐状のねじで、皿モミ加工された穴に使用することでねじの頭が取り付け面に収まる(ねじの頭が出っ張らない)構造になっています。

 

皿ねじ

 

皿ねじの不具合

先日、装置の安全扉の丁番(ミスミで購入)を組み付ける作業があったのですが、皿ねじが問題で丁番を固定できないトラブルが起きました。

 

  • トラブル内容・・・皿ねじを締め付けても丁番が固定できずにグラグラする。
  • 原因・・・皿ねじのねじ山がねじの首まで加工ができていなかった。

 

皿ねじ

 

ご覧のように、ねじの首までねじ山がないので取付け側の部品(タップ側)にねじが入り込まないことで、丁番が固定できなかったのです。

もし、このような状況で皿ねじの交換ができない場合は、取付け側(タップ側)に深めの面取りをおこなうことで、ねじ山が加工されていない部分が部品に入り込むのでねじを締め付けて丁番を固定することが可能です。

 

ねじ山にはばらつきがある

さて、このようなパターンのトラブルは初めての出来事でしたので、在庫の皿ねじと比べてみることにしました。

 

皿ねじ

ねじ山を比べてみる

ねじ山を比べてみる

 

在庫の皿ねじを各サイズランダムに調査したのですが、異常はなく正常なねじ山でした。

今回問題があった皿ねじは20本購入していたのですがその全てに問題があったので、購入したねじのロットの不良の可能性もありますね。

ただ、想像で原因を考えても仕方がないので、ねじを購入している商社に調査依頼をしました。

 

ねじ山不良の回答

皿ねじを購入した商社から下記の回答がありました。

  • ねじ山が加工できていないので不良品
  • ロット全てが不良ではなかった
  • 何百個に数個の割合で、このような不良が発生する

つまり、

モノづくりにおいて部品の精度(不良)の「バラつき」は必ずあり、そのなかでも許容範囲を超えたものが不良品なってしまう。そして不良品はゼロにはできない。

そう言うことなのでしょう。

 

ただ、不良が発生するのは仕方がないと思いますが、不良品を流通させては問題でしょう。

今後このような不良のねじが流通すことはなくなってほしいものですね。

 

番外編 ねじの不良品

ねじの不良はねじ山だけではありません。このような不良もあります。

 

皿ねじ

ねじの不良

ねじの不良

ねじの不良

 

まとめ

今回は皿ねじのねじ山について、実際に体験した不具合をまとめてみました。私も初めての経験でしたので滅多にないことでしょう。しかし、不良のねじが流通してしまう実情がある以上、今後はねじも絶対ではないと疑うことも必要なのかもしれませんね。

 

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-トラブル事例, ボルト/ねじ
-

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.