S2000 メンテ&セッティング情報

ピロボールブッシュのダストブーツとグリスを交換する/ピロにはグリスを封入する/S2000

 

今回は「ピロボールブッシュのダストブーツとグリスを交換する」記事です。

1年使用したピロボールブッシュダストブーツを確認したら破れていましたので、ダストブーツとグリスの交換をしました。

劣化具合や、グリスを封入してどうなったのか?そういった確認を含めた作業をまとめてみました。

 

クスコ製のピロボールブッシュ

私はクスコ製のピロボールブッシュをコンプライアンスブッシュの位置に使用しています。

*正式名称・・・ロワアームリア側(品番380 464 CV)

 

ピロボールブッシュ

 

S2000のコンプライアンスブッシュは負荷量が多く早期に劣化/割れが発生するので、調心機構があるピロボールブッシュを使用しています。

ピロボールブッシュの懸念事項として「錆の発生やゴミの影響でスムーズに可動しない可能性がある」と言う問題がありますが、これはダストブーツで軽減することができるのでダストブーツ付きのピロを使用することをお勧めします。

 

ピロボールブッシュのグリスとダストブーツの交換

先日、ロアアームを取り外すことがあったのですが、1年使用したピロボールブッシュのダストブーツが破れていました。

熱の影響なのか、取付けるときにサブフレームに干渉して破れたのか、、、原因は定かではないのですが1年で割れてしまうようでは早すぎと思いました。

 

*1年間の使用状況・・・国際サーキット11回、街乗りなどで走行1万キロ

ダストブーツの破れ

アーム全体 写真

アームの上側のダストブーツ

アームの下側のダストブーツ

 

このピロボールブッシュは1年前に自分で取付けたのですが、実はその時にピロボールの部分にグリスを封入しておいたのでグリスの具合やピロボールがどうなっているか気になっていました。

そこで今回、ダストブーツと合わせてグリスを交換することにしました。

 

グリスの封入の結果

本来このピロボールは無給タイプなのでグリスを封入する必要はありません。

 

では、なぜグリスを封入したのか?

 

グリスの封入の目的

  • 外部からの汚れ・水・粉塵などがピロボールに巻き込まれないようにする
  • 耐水する
  • 防錆効果で錆びないようにする

このような効果を期待したです。

そしてグリスにもこだわり、この目的に最適なグリスを選定した結果「オメガ57番」を使用したのです。

 

引用抜粋:オメガグリス カタログ

 

それでは1年使用したピロボールの「動き」を動画で確認してください。ガタやひっかっかりなどはなく、感覚的には新品よりも動きが滑らかになったと思います。

1年使用したピロボールブッシュ

 

1年使用したグリスを画像で確認してください。

1年使用したグリスの具合

ピロボール側

ダストブーツ側

 

新品のグリスを封入

グリスの恩恵があるのか、ないのか、、、それはグリスなしで使用したことがないので正直わかりません。ですが、今回の使用後の状態を観察すると悪影響もなさそうです。

と言うことで、継続してグリスを使用していくことにしました。

 

グリスの目的は潤滑ではなく、あくまでもピロボールの保護です。ですから、ピロボールの表面(空間)を埋めるようなイメージで封入しました。

グリスの封入

ピロボールをパーツクリーナーで清掃します。

グリスはピロボールの表面に敷き詰めます。

 

ダストブーツの劣化具合と交換

破れていたダストブーツですが、調べてみますとクスコのカタログに記載がありません。

そこでクスコに問い合わせてみたのです、補修部品としてピロボール、ダストブーツ、ブーツリングなど単品で販売が可能だそうです。

そこで、ブーツ単体の品番を教えてもらい注文することにしました。

 

S2000用ロワアームリア側(品番380 464 CV)のダストブーツ

  • 品番・・・00B 464 G25(1個単位)
  • 数量・・・4個注文(1台分)
  • 価格・・・¥4.200(1台分)

補修部品のダストブーツ

 

それではダストブーツの取付けを写真で確認してください。

ダストブーツの取付け

カラーをあらかじめダストブーツに嵌めて置き、そのままピロボールに差し込みます。

ダストブーツのズレ止めとして、Cリングを嵌めます。今回は再利用しました。

 

ここまでで、作業は完了となります。

 

補足 ダストブーツの劣化具合

ダストブーツの破れについてですが、ブーツがどの程度劣化しているのか引っ張って確認してみましたので、動画で確認してください。

 

ダストブーツの劣化

 

弾性があり、強く引っ張ても簡単には破れませんでした。

もしかしたら、取り付け作業でサブフレームにぶつけて破れたのかもしれませんね。

 

まとめ

今回はピロボールブッシュのダストブーツとグリスの交換についてまとめてみました。車の部品は「これがイイ」とか「これを付けました」などの情報は沢山ありますが「その後どうなったのか?」の情報は少ないと思います。当ブログでは、部品を取り付ける情報だけでなく「使用してどうなのか?」についての情報も発信していますので、皆さんの参考になればと思います。

 

*オメガグリス57番の購入はこちらか

 

*S2000のピロボールブッシュの購入はこちらから

 

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-S2000 メンテ&セッティング情報
-, , ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.