S2000 メンテ&セッティング情報

油圧を上げるチューニング/S2000

 

今回は「油圧を上げるチューニング」についての記事です。

私のS2000は油圧が低くなる問題を抱えていました。

油圧低下に対して、油圧を上げるチューニングを実施したので紹介します。

 

オイル管理方法

まず初めに、油圧を語るうえで必要な情報ですので私の仕様について説明しておきます。

 

私のオイル関係仕様

  • エンジンオイル・・・・ワコーズ 4CR-40 5W-40
  • オイルクーラー・・・・HPI ラジエター前置き
  • 油圧と油温の取出し・・・・オイルエレメントのサンドイッチブロックを取付、オイルクーラーと併用して取り出しています
  • 油圧計と油温計・・・・Defi レーサーゲージ

このようなスペックです。

*オイルクーラーの配管についてはこちらの記事で紹介しています。 ⇒ 「社外オイルクーラーの配管接続方向/S2000」

 

 

油圧の問題点

私のエンジンの油圧は、通常は最大600kpaで、VTECに切り替わると560kpaに落ちます。

ところが状況によっては、油圧が500kpaまでしか掛からなくなることが起きるのです。

 

油圧が落ちる条件は下記の通りです。

  • 油温が110度を超えた時
  • VTECに切替わった時

 

油圧か低いと起きる問題点

油圧が低いと様々なリスクが高くなります。

たとえば、、、、油圧がかからない状況がサーキットで起きればエンジンブローの危険性が高まります。

メタル(すべり軸受)の潤滑が不足して剥離、焼き付きを引き起こします。

 

F20Cのメタル(すべり軸受)

 

原因

この様な油圧低下について、原因の予測を立ててみました。

 

予測① オイル

私の使用しているエンジンオイルはワコーズの4CRですが、このオイルは温度が高くなるとフリクションが低くなるようにできています。

これは、温度上昇で粘度が低くなることとは違います。しかし、温度上昇で粘度が低くなることに加えて影響しているのではないのか?

 

予測② オイルクーラー

オイルクーラーのサーモが開きオイルがコアに循環することで圧力が逃げているのではないか?

 

以上の2点の予測を立てました。

検討

次に、予測した原因について、対策を検討してみます。

 

検討①オイル変更

オイルの粘度を上げる。ワコーズ 4CR-50 15w-50へ変更してはどうか?

しかし、オイルの粘度が固くなるということは、油温が上がるという事。それは、本意ではありません。この選択肢は消えました。

 

検討②オイルクーラーを廃止

VTECは油温が上がりやすいエンジンです。VTECエンジンにオイルクーラーは定番です。これを否定したら、油温上昇の対策ができないことになります。これも、選択できません。

 

対策

ここまでで、原因と対策案を考えてきましたが、最終的な結論としては、、、、「油圧の最大圧力を上昇させると言うことに至りました。

*この方法は、エンジンチューニングメーカーさんに教えていただきました。

 

油圧を上げる方法

  • オイルのリリーフバルブにシムを入れてプリロードを与え圧力を上げる

 

F20Cのメタル(すべり軸受)

6番のバネに3ミリのシムを入れると100kpa上昇する
おおよそ700kpaまで上昇しました。

 

結果

サーキットでテストしました。季節は8月 気温32度

水温91度 油温120度 油圧は580kpaでした。

500kpaからはかなり改善したことになります。

しばらく、これで様子を見ようと思います。

 

ただ、新たな懸念事項として水温と油温の差です。水温の+10度から+20度の差が良いとされていますが、それを超えています。冬だと違う結果だと思うが、、、悩むところである

 

*おすすめのエンジンオイルの購入はこちらから

 

 

*オイルクーラーの購入はこちらから

 

 

以上です

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-S2000 メンテ&セッティング情報
-,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.