油圧関連 エアー関連

フローティングジョイントの組付け注意点/偏心と偏角の吸収

フローティングジョイントとは

フローティングジョイントとは球内蔵の偏心と偏角の吸収をする推力を伝達する連結部品です。主にシリンダや単軸ロボットなどのロッド先端に取付けて組付け誤差、部品精度による偏心と偏角を吸収します。

 

フローティングジョイント

 

フローティングジョイントは機械装置に使用されることは多く、お手軽な部品なのですが注意点を理解しておかないと偏心/偏角の役目を果たすことができず、最悪の場合は破損してしまいます。

そこで今回は、フローティングジョイントの組付けについて注意すべきことを解説しようと思います。

 

フローティングジョイントの取付け注意と構造

フローティングジョイントを組付ける時に特に注意すべきこと、、、それは

「底突きするまでねじ込んではいけない」

と言うことです。

 

下記の内部構造をご覧ください。

*SMCのフローティングジョイントを例として解説します。

引用抜粋:SMC フローティングジョイントカタログ

 

内部に組み込まれている「球形状」の部品が自在に可動するので偏心/偏角を吸収できるのですが、組付ける時にねじ込み過ぎると「球」にねじが接触して可動しなくなってしまうのです。

 

ねじ込みのイメージ

 

フローティングジョイントのねじ込み量

それでは、具体的にフローティングジョイントへのねじ込み量はどの程度にすればよいのでしょうか?

調べてみますと、SMCのカタログには下記のような記述があります。

 

引用抜粋:SMC フローティングジョイントカタログ

ソケットまたはケースのめねじへロッドのおねじをね じ込む時には、底に突当たらないようにしてください。 ロッドが底に突当たった状態で使用すると、スタッドがフロ ーティングしないため、破損します。 めねじへのねじ込み深さは、外形寸法表(P.1139)に記載して ありますので参照してください。目安としては、底に突当た った位置から、1~2回転戻した位置が適当です

 

 

このように、型式によって「最大ねじ込み深さ」が決まっているようで、底突きを考えるとこのねじ込み量以上にねじ込むべきではないでしょう。しかし、様々な種類のフローティングジョイントがあるなかで、それぞれのねじ込み量を暗記したり調べたりすることはなかなかできません。

そこで、上記のカタログにも記載されているように「底に突当た った位置から、1~2回転戻した位置が適当です」の方法が覚えやすくおすすめしたいと思います。

実際に私の場合は、図面に寸法の指示が特になければ、「底突きから1回転戻し」を統一して組み付けていますが、今まで問題が起きたことはありませんので間違いない方法でしょう。

 

まとめ

今回はフローティングジョイントの組付け注意点を紹介しました。よく使う部品だけに、単純なミスが起こりがちです。内部の構造を理解できれば、ねじ込み量について注意を払うことができます。今一度確認しておきましょう

 

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-油圧関連, エアー関連
-, , ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.