エアー関連

トラニオンとクレビスにはグリスを塗布する/シリンダの取付金具

トラニオンとクレビスにはグリスを塗布

シリンダの固定方法にトラニオンとクレビスがありますが、エアシリンダ/油圧シリンダともにメーカーが違っても基本的にはグリスを塗布します。

意外とこの事実を知らない人が多いようですので、今回はSMCのエアシリンダを例にして解説しようと思います。

 

シリンダの取付け金具

まず初めに、シリンダを部品に固定する方法として、どのような固定金具(固定方法)があるか確認しておきましょう。

 

引用抜粋:SMC シリンダの取付け金具

*クリック拡大

 

大きく分けて2つの分類に分かれます。

  • 固定形・・・フート形、フランジ形
  • 揺動形・・・トラニオン形、クレビス形

固定形はシリンダ本体が可動しないタイプで、揺動形はシリンダ本体がロッドの伸縮によって可動するタイプです。

この揺動形のトラニオンとクレビスは可動する仕掛けなので、その可動する部分にグリスを塗布する必要があるのです。

 

トラニオンとクレビスにグリスを塗布

トラニオンとクレビスのグリス塗布ついては下記の取扱説明書をご覧ください。

 

引用抜粋:SMC エアシリンダ/標準形:複動・片ロッド

*クリック拡大

このように可動部分のピンにグリスを塗布するように記載があります。摺動面なので当然と言えばそうですが、なんとなくそのまま組み付けている方も多いと思います。

 

可動部分の金属同士は摩擦しますから長年使用するとピンや受け金具のブッシュが摩耗して痩せていき「ガタガタ」になります。シリンダ固定の遊びが大きくなれば機能として問題起きるでしょう。

私が今まで見てきた装置は、定期的にシリンダを交換されていても金具まで交換されているケースはあまり見受けられませんでした。ですから、少しでも長持ちできるように組付ける人はグリス塗布の一手間を惜しまないようにしましょう。

 

実際に塗布してみる

それではトラニオン形を例として組付けをやってみます。

 

トラニオンの金具とシリンダ

*クリック拡大

 

ピンに塗布するグリスの種類はリチウムグリスで良いと思います。取扱説明書にはグリスの種類は特に指定されていませんので万能なリチウムグリスを選択するか、高荷重下の摩擦/摩耗低減を期待する場合はモリブデングリスが良いかもしれません。

 

グリス塗布と組付け

*クリック拡大

ピンにリチウムグリスを塗布(分かり易くするために厚めに塗布しています)

シリンダに組付けて完成

 

グリスを塗布しない状況

ここまでで、トラニオンとクレビスにはグリスを塗布するように解説してきましたが、私の場合はあえてグリスを塗布しない時があります

それは粉塵が酷い環境で使用する場合です。

粉塵が酷い環境下ではグリスに粉塵が付着してバルブコンパウンドのように摩擦で部品を削ってしまうことがあるためで、そのような時にはグリスを塗布しない方が長寿命になる場合があります。

ですから基本としてはグリスを塗布すべきですが、環境によっては塗布しない選択も必要ではないかと思います。

 

まとめ

今回はトラニオンとクレビスについてグリス塗布の解説をしました。私の場合には状況によって塗布するか?しないか?判断していますが、基本は塗布で間違いありません。このような一手間をめんどくさがらずに当たり前にできるように組立てましょう。

 

リチウムグリスの購入はこちらから

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-エアー関連
-, , ,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.