エアー関連 電気配線/制御盤製作

線番とマークチューブの向きとサイズ/配線と配管

線番とは

線番とは配線や配管の系統別の「認識番号」の事です。

 

線番とマークチューブの必要性

線番は通常マークチューブ呼ばれる材質がPVCの白色のチューブに印字(印刷)して使用します。

*マークチューブの印字についてはこちらの記事をご覧ください。 ⇒ 「チューブマーカーとは/レタツインLM-550とキヤノンMk2600」

 

線番が印字されたマークチューブは電線やエアーチューブ、油圧配管に必ず取付けなければいけません。

その理由は「電線やエアーチューブ、油圧配管の一本一本が何処と接続されて何の意味を持つのか?」を判断する為です。

この線番は図面で系統別に振り分けられていますので、作業者が図面に記載されている線番を配線/配管に取付ける事になります。

マークチューブ

 

線番の必要性が分かったところで、事項からは今回の本題「線番(マークチューブ)の向きとサイズ」について解説していきます。

 

線番(マークチューブ)の向き

マークチューブを電線やエアーチューブ、油圧配管に取付ける時に注意しなければいけない事があります。

それはマークチューブに印字された「線番の向き」です。

「線番の向き」は制御盤組立や配線作業では向きの指定があり、作業者感覚の「見やすい向き」とは必ずしも一致するわけではありませんので注意が必要です。

 

それでは初めに「正しい線番の向き」下記の画像で確認してください。

 

正しい向き

*クリック拡大

正しい線番の向き

*端子の向きによって線番の向きに違いがあります。

 

次に「間違った線番の向き」を下記の画像で確認してください。

 

間違った向き

*クリック拡大

間違った線番の向き

いかがでしょうか?線番の向きの違いをお分かりいただけたでしょうか?

「一つだけ線番が逆向き」はもちろんですが、線番の向きが揃っていても「正しい線番の向き」と一致していなけば修正が必要です。

客先によってはもしかしたら上記の線番の向きとは違う向きを指定される場合もあるかもしれませんが、基本は今回紹介したように揃えましょう。

 

マークチューブと電線サイズ

マークチューブは線番の向きだけでなくサイズにも注意が必要です。

それはマークチューブにはサイズに種類があり、電線やエアーチューブの大きさによってマークチューブのサイズを変える必要がある、と言う事です。

 

例外として、マークチューブに電線やエアーチューブ通すのではなく、巻き付けて取付ける場合は太すぎるマークチューブでは線番が見えにくく、巻きづらいのでサイズに神経質になる必要ないと思います。

 

マークチューブの巻き付け

巻き付けてマークチューブを取付ける場合にはマークチューブが太すぎる線番が見えづらくなります。

 

それではマークチューブのサイズの種類を確認しましょう。

私が使用しているのはMAX株式会社のマックス純正 丸チューブです。下記の引用資料をご覧ください。

 

引用抜粋:MAX株式会社 レタツイン 丸チューブ

*クリック拡大

 

このようにマークチューブのサイズとそれに適合した電線のサイズが記載されており、サイズによって相性がある事が分かると思います。

もし相性が合っていないと、マークチューブに電線が入らなかったりマークチューブが大きすぎて電線からズレ落ちたり、圧着端子のフィット感が悪かったりと色々と問題が起きます。

 

実際に電線とマークチューブの相性を確認してみます。

 

マークチューブと電線のサイズ

*クリック拡大

1.25㎟に2.0㎟用のΦ3.4マークチューブを入れてみる

3.5㎟に5.5㎟用のΦ5.2マークチューブを入れてみる

 

画像では分かりずらいかもしれませんが、このほんの少しの大きさの違いで電線や圧着端子へのフィット感が全く違います。

 

例えばマークチューブを圧着端子に差込む時に、マークチューブのサイズが大きいと圧着端子にフィットしないのでズレます。

マークチューブの差込み

 

このように巻き付けで使用する場合とは違い、制御盤組立や電気配線のようにマークチューブに差込んで使用する場合には各種サイズを取り揃えておく必要があると思います。

 

まとめ

今回は線番とマークチューブの注意点についてまとめてみました。配線作業をやられている方は常識だと思いますが、機械組立でエアー配管しかやったことが無い方はご存じないかもしれません。覚えておきましょう。

*電気配線におすすめの工具はこちらで紹介しています ⇒ 「制御盤組立に必要なおすすめ工具」

 

*マークチューブの購入はこちら

 

*マークチューブの印字はレタツインがおすすめです

 

以上です。

キーワードを入力してブログの記事を検索

気になるカテゴリーから記事を検索

この記事で満足できない方はGoogle検索

             

⇩ この記事のシェアはこちらから ⇩

-エアー関連, 電気配線/制御盤製作
-,

Copyright© 機械組立&制御盤組立の部屋 , 2020 All Rights Reserved.